Dカップミニマム天使 牧野澪菜、少女感と大人っぽさのギャップを楽しむ

グラビア 公開日:2020/11/08 26
この記事を
クリップ

グラビアアイドルを背の順に並べたら一番前でもじもじしてるかも。144cmのミニマムボディにDカップの適乳が弾むどびっきりの美少女牧野澪菜。


舞台で培った演技力で、グラビアファンを次々虜にし、わずか1年で4枚のDVDをリリース。可愛さと、えっちさの配分が絶妙で、その塩梅にハマる男性が続出している。そんな牧野の4thDVD『聖澪』(エスデジタル)が10月30日に発売され、記念のイベントが秋葉原・ソフマップで開催された。



トロピカル柄でも黒が基調の落ち着いたビキニで登場した牧野は「髪も切りまして、心機一転新たな気持ちで臨みたい、そして25歳になるので、大人っぽい水着を選びました。DVDの中では少女感も出させていただいてますが、今後はグラビアでも大人っぽい要素も作って行けたらいいなと思います」といきなりの決意表明でキラキラの笑顔を見せた。


千葉で全面ロケを敢行。はまぐりが大好きだという牧野は、「大きなはまぐり食べました!でもスタッフさんは遠慮して、私だけ“食べていいんですかー!?”って(笑)」と、海の幸を堪能した様子。そんな大好物をパワーに挑んだ今作は「女子高生なんですけど、幼馴染みに実は恋しちゃってます。気づいてほしいけど、気づくと“ふんっ!”ってなっちゃうの分かる気がします」と、天邪鬼なところが自分っぽいと分析していた。


制服姿が2パターンあり、どちらも現役感を感じられるが、本人は「へ!大丈夫ですか!?プライベートではなかなか着る機会はないので、楽しかったです」とにっこり。


おススメのシーンを聞いてみると「いっしょにお勉強してるんですけど、少女っぽいお洋服を脱ぐと…白いレースのランジェリー風で、大人な表情をして誘惑してるのでそのギャップに注目してほしいです」。さらに、「幼馴染みの家に勝手に上がり込んで、自由に飲みものを飲んでると、巻き込み事故でこぼされちゃって、濡れた服を“暑くなっちゃったーどうしよう…”って脱いで誘惑したりしてます。元気いっぱいなシーンもたくさんあるのですが、実は好きなのを気づいてほしいというのもあるので、とにかくギャップを楽しんでほしいですね」とアピール。恥ずかしかったのはくすぐられるシーンだと言い、「ボディクリームを塗ってくすぐられます。我慢しつつも“やめてよー”って抵抗するのがやっぱり恥ずかしかったです」と俯いた。


1年で4枚ものDVDをリリースし、グラビアアイドルとして順調そのものだが、「ありがたいことと思っております。今後は写真集を出せるように、自分磨き頑張ります!」ととびっきりの笑顔で意気込みを語った。


牧野は現在「GOLDEXmobileイメージガール オーディション」に参戦中。オーディションは本日21:59で投票が締め切られる。「6名で闘っていて、決勝6日目なんですが、ずっと2位、1位を行ったり来たりしています。2位までに入ったらイメージガールになれるのですが、1位で終わりたいんです!ぜひよろしくお願いいたします!」と猛アピール。取材陣に掲載時期の確認までしていた牧野。健闘を祈る。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 74件)

関連タグ