“日本一脱げる法学部グラドル” 橋本ひかり、えちえち乳牛ビキニ「年賀状に使って」

グラビア 公開日:2020/11/08 32
この記事を
クリップ

“日本一脱げる法学部グラドル”として注目を集める橋本ひかりが7日、都内でセカンドDVD「眩しすぎて」(竹書房)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。


撮影は7月に千葉と都内で行われたそうで「初めて屋外で撮ったんですけど、雨女なのでだいぶ雨がすごかったことを覚えています(笑)」と回顧して苦笑いした橋本は、作品の内容を聞かれると「いろんなひかりちゃんを楽しめる内容になっていまして、彼氏と一緒に旅行に行ってイチャイチャしたり、おじさんにお風呂でご奉仕したり(笑)する内容になっています」と紹介。


オススメのシーンを尋ねられると「今回、初めて妹役に挑戦しました。いつもお姉さんっぽいイメージがあるんですけど、今回はロリロリで甘えん坊なひかりちゃんを楽しんでもらえるんじゃないかなと思います。お兄ちゃんとお家でこっそりラブラブみたいな感じになっています」とアピールし、「ボンテージを初めて着たんですけど、妹とのギャップが大きいので、そこを含めて楽しんでいただけたら嬉しいです」とニッコリ。


セクシーなシーンを聞かれると「赤い十字の衣装がセクシーだなと思います。今までよりも面積が少ない衣装で、食い込みがすごいので、ドキドキしてもらえるんじゃないかなと思います(笑)。締め付けが好きで、気に入っている衣装です」と照れ笑いを浮かべ、シースルーのY字変形水着もセクシーと声が飛ぶと「これは室内のシーンなんですけど、乳液を塗って、それを見せつける感じのシーンになっています」と答えた。


また、ファーストDVDよりも成長したと思う点を尋ねられ「動きだったり、衣装だったり、よりえちえちになっているので、楽しんでもらえるんじゃないかなと思います」と自信を覗かせた橋本。今年、グラビアアイドルとしてデビューしたが「すごく楽しいお仕事だなと思います。これからもっともっと活躍できるように頑張りたいなと思います」と意気込んだ。


続けて、現在も大学に通う橋本は「法学部4年生、2回目です(笑)」とぶっちゃけて笑いを誘い、「今年、卒業できるように頑張りたいと思います。(卒業しても)このままグラビアを頑張りたいなと思っています」と言葉に力を込めた。最後に、この日の衣装について聞かれた橋本は「来年、丑年なので、早めなんですけど乳牛の感じの衣装にしました。ぜひ年賀状とかに使ってもらえれば(笑)」と茶目っ気たっぷりに笑った。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 55件)

関連タグ