“日本一エッチな女子アナ”薄井しお里、F乳むちふわ桜色ボディに熱視線

グラビア 公開日:2020/11/05 70
この記事を
クリップ

昨年11月に日本テレビ系で放送された『有吉反省会』に出演し、緊張する仕事のときは“ノーパンティー”で臨むというエッチな反省が大ウケした薄井しお里。かつては東北放送のアナウンサーとして活躍していた彼女だが、グラビアに活躍の場を広げた2018年以降、名実ともに“日本一エッチな女子アナ”としてアツい視線を浴びている。その彼女が約1年ぶりとなるグラビアDVD『桃肌天使』(竹書房)をリリース。触れたら吸い付きそうな滑らか美肌と豊満なFカップのバスト、白くて丸い桃尻を惜しみなく披露している。


グラビアに転身した元アナウンサーと言えば、古くは"スイカップ"の古瀬絵理に始まり、現在は過激グラビアで人気の脊山麻理子、清楚な佇まいと癒やしのボディで注目を集めている塩地美澄などが活躍。彼女たちにも勝るとも劣らない薄井は、スリーサイズは未公表ながらも元アナウンサーとは思えない女体ぶりで、バストもFカップとかなりの膨らみを併せ持っている。冒頭に登場する運動のシーンではスポーツブラ的な水着を着用しているが、全開にした胸の谷間の絶景を目の当たりにすると、バストの形が良さそうだと容易に想像がつく。


今作ではそのそのバストを存分にアピールしている。ストッキングをセクシーに脱ぐシーンでは透け感のある変形水着からバストが溢れ出そうで、婦警コスを脱いだブラジャー的水着からは胸の谷間を全開に披露。ビーチで着用した青い水着姿ではバストを揺らしまくり、お風呂のシーンではヌーディーなチューブトップ風水着を着てセクシーさを強調している。衣装的には海岸で着たY字系水着がオススメだ。胸の谷間と横乳、さらには輪郭が分かる優れモノで、バストフェチにはたまらない映像が映し出されている。バストばかりに目が行きがちだが、引き締まったウエストと白くて丸い桃尻も見逃せない。とても元アナウンサーとは思えないグラビア映えしたボディに思わずウットリしてしまう見事さだ。


年齢も今年の誕生日で大台の30歳となり、お色気たっぷりのシーンも披露。後半に出てくるウエディングをイメージした夜ベッドは圧巻の一言で、30歳の薄井の等身大ともいえるシーンだ。続く昼ベッドでは自らを腰を上下に浮かすなど、セクシーさも最高潮に。知的な雰囲気からは想像もできないセクシーなシーンの連続は、あまりに卑猥でエロティズムを感じずにはいられない。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 11件)

関連タグ