RaMuも絶賛「これこれ!」、理想のマリンルックがえちえちで可愛くて悶絶

グラビア 公開日:2020/11/04 21
この記事を
クリップ

148cmと小柄ながら、たわわに実った90cm Hカップが眩しすぎるRaMu。デビュー前から動画投稿を行い、男女問わず絶大な人気を誇る、いわば“元祖YouTuber”的存在。はきはきした明るく元気なキャラクターと、えっちなカラダつきのギャップで見るたびクラクラしてしまうほど魅力的な彼女が送る2nd写真集『pieni』(光文社)が先月発売され、出版記念イベントが東京神保町・書泉グランデで開催された。



イベント前に囲み取材に応じたRaMuは、キンキララメラメのド派手なマリンルックで登場。Hカップの谷間は深くエロく、ショートパンツから伸びる脚は健康的でえっち。元気いっぱいのキャラクターとの高低差で”耳がキーン”となるほど“どちゃくそ可愛い”。「私、いつもマリンルックでイベントさせていただくんですけど、果たして“マリンルックとは何ぞ?”と思いあぐねながら、スタイリストさんに今回もマリンルックでとお願いしてきたのがこれで、私の想像の中のマリンルックだったので「これこれこれー!」って思いました。すごく可愛くないですか?」と、理想のマリンルックを着られてテンション爆上がりのようす。


実に3年ぶりの写真集となる今作は6月末に全編沖縄でロケを敢行。「10代で撮らせていただいたファーストに比べて、表情が全然違うなって思いました。10代の頃はどうしても硬い感じというか“キメキメ”だったのが、今はすごく自然ですね。且つちょっと、自分なりにですけどすこーし大人っぽくなったのかなっていう印象があります」と、久しぶりの写真集に自身でも成長を感じたようだが、今回初公開となった下乳解禁について、「自分で自分の下乳を始めて見たわけなんですが(笑)、自分で言うのもなんなんですけど、ちょっと作り物みたいなキレイな形してるなって。おしりみたいで恥ずかしいですね(笑)。下乳が出てる長袖の白い衣装のカットがあるんですよ、それがもうホントおしりみたいなんっですよ。このカットが一番恥ずかしいです」と照れ笑い。


表紙が変顔というのがRaMuらしいが、「私としてはタイトルの『Pieni』が、フィンランド語で“小さい”とか“可愛い”とかいう意味なので、それを聞いたから、すっごい可愛らしいの想像してたんですよ、そうしたらこの表紙一択で上がってきて、私が一番”ひやっ”てしましたよ。良いんですかこれで!って。でも私的にはすごく嬉しいです。自我が出てるというか、もうこんな顔したの覚えてないくらいのオフショットなんです」と話してくれた。ちなみにタイトルは“ぴえん”に音がにているから覚えやすいんじゃないかと思ったからだそうで、フィンランドに特にゆかりはないが、国に興味はあるという。


RaMuはコスプレイヤーの火将ロシエルとバンド「pretty noob」を結成。10月30日にバンドの公式YouTubeチャンネルで発表された。12月4日(金)「東京コミコン2020」 のステージで演奏するという。「まだ曲は上がっていません!」ときっぱり。RaMuがギターで、火将はDJ担当、ボーカルがいないのが気になるが、ぜひ当日は「東京コミコン」へ足を運んでほしい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 70件)

関連タグ