“年下のお姉さん” 及川麗「車の中ってエロい」すごく湿っぽいいやらしさ

グラビア 公開日:2020/10/17 9
この記事を
クリップ

セクシーなお姉さん系なビジュアルだが、じつはまだ21歳というギャップを持ち、年下のお姉さんキャラとして注目の及川麗が、4枚目となるDVD『最恋(サイレン)』(イーネット・フロンティア)をリリース。発売を記念したイベントが、東京・書泉ブックタワーで行われた。



7月に千葉県で撮影された今作は、余命半年のおじさんの家に介護しに行くという設定に挑戦。マニアックな設定で、これまでのグラビアアイドルのDVDでは無かったような設定ということもあり、どんな内容なのか気になるところだ。「介護をしているのにお風呂の掃除中におじさんに襲われたりするんですよ。余命半年とは思えない元気さで襲ってきます。最初のころのシーンでここから物語は始まります」と説明。オススメのシーンについては、「私が女王様になってSMっぽいことをするんですよ。セリフがアドリブで、おじさんに向かって「おらーどけよ。泣けよおらー」みたいなことを言いましたね。あまりにもガチすぎて大丈夫かなって心配しちゃいました。どこまで私のSの部分を出していいかわかりませんでした。このセリフのところはやっていて恥ずかしかったです」と振り返った。完全にドSキャラだが、実際にはSかMかと聞かれると「どっちも好きなんですけど、どちらでも振り切ってしまうので、相手に引かれないかなっていう心配はありますね」と明かした。


一番のエロいシーンについて聞いてみると「みんなエロいんですよ。その中でも一番エロいのは車の中でおじさんを襲うところです。海の帰りにおじさんが身体を拭いてくれって言いまして、狭い空間でやることが、すごく湿っぽいいやらしさがあるんじゃないですかね。車の中ってエロいですね」と話し、エロいことはなんでも来いのスタンスだが、今後もさらにエロい設定に挑戦したいそうで、「グラビア作品ってあまり痴漢モノってないじゃないですか。そういうのに挑戦してみたいです。あとは万引きしてバックヤードに呼び出されるヤンキーとかもいいですね。グラビアでできるかわかりませんけど、こんな設定はやってみたいです」とアピールした。


プライベートでの恋愛も気になる及川だが、「ペットにデレデレなので今は恋とかはないですね。ヘビを飼っているんですよ。まだ産まれたばかりで70センチくらいしかないので、あまり大きくないです。ヘビは40年は生きるそうなので当分は結婚とかはないと思いますよ。結婚の条件としてはヘビが大丈夫というのが大事ですね。まずは結婚よりDVDでヘビと共演してみたいです」と意気込んだ。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 41件)

関連タグ