グラドル界屈指のJカップ 桐山瑠衣、30歳目前大人フェロモンが増殖

グラビア 公開日:2020/10/17 37
この記事を
クリップ

現役女子高生だった2008年にグラドルとしてデビューして以来、ロリータ顔に似つかわしくないHカップ(現在はJカップ)バストと豊満ボディでグラドルファンのハートを鷲掴みにしている桐山瑠衣。



一時期に活動を休止したものの、2016年に復活してからはグラビア活動に積極的で、復帰作『オトナるい』以降、リリースラッシュが続いている。そんな彼女が今年で早くも3作目となる最新DVD『二人っきりの南国生活』(竹書房)をリリース。グラドル界でも屈指の大きさを誇る104cmのJカップバストをたっぷりと満喫できる映像が目白押しだ。


桐山にとって通算39枚目となる今作。視聴者を見立てた男性と南国で二人っきりの生活を送るという、ファンの妄想を具現化したシチューションものだ。誰にも邪魔されない空間を切り取っており、まるで桐山と2人で過ごしているような疑似体験を味わうことができる。そのため着用した衣装や水着は過激だ。表紙にもなっている黒のボンテージ風衣装をはじめ、三角ビキニやX線水着に下着風水着など、露出度は相当高い。露出が多いということは、彼女の自慢でもある104cmのJカップバストの露出も必然的に高くなり、バストの大きさをリアルに感じることができる。


逆に露出度が高くない水着や衣装でもバストが溢れ出そうな勢いで、バストの好きなファンにはたまらない映像が目白押しだ。シーンとしては、ノースリーブのタートルネックとタイトスカートを穿いた室内のシーン、お風呂のシーンなどが見どころだ。前者は着衣でも目立つJカップのバストがタートルネックを脱いで露わとなり、さらに破壊力が倍増。後者はカメラが上からバストを捉え、自らの手を谷間からスリスリ上げるなど、映像的にもエロさを感じさせる。


バストばかりに目が行きがちだが、30歳を目前にして確実に増長させている大人フェロモンにも注目して欲しい。前途したお風呂のシーンはもちろん、メガネを掛けてインテリジェンスの雰囲気を漂わせた夜ベッドは特にオススメだ。無邪気な笑顔から艷やかな女性に変わる瞬間に大人の色気を感じずにはいらず、興奮度はさらにエスカレートしていく。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)

関連タグ