女流プロ雀士 高宮まり、スレンダーなのにたわわなGカップは“究極の役満”

グラビア 公開日:2020/10/14 21
この記事を
クリップ

日本プロ麻雀連盟 27期生 四段のプロ雀士として長年人気を誇る高宮まり。


並行してグラビアアイドルとしての活動も盛んで、2014年に発表した2ndDVD『女神降臨』でランキング1位に輝くなど、そのボディにも注目が集まった。それもそのはず153cmと小柄ながら83cmのバストは圧巻のGカップ、くびれもヒップも魅惑のカーブを描き、麻雀ファンだけでなく、グラビアファンも惹き付けている。



そんな高宮の2年ぶりのDVD『九蓮宝燈(ちゅうれんぽうとう)』(ラインコミュニケーションズ)が先月発売され話題を呼んでいる。九蓮宝燈とは麻雀の役で、究極の役満と言われ、すべての運をこれで使い果たすほど難易度が高いと言われている。高宮の人気・実力・美貌の三色揃った美女もそうは現れない。胸元ががっつり開いたセクシーチャイナドレスでビリヤードに興じるが、そこから透け感のある青のランジェリー姿へ、それだけでエロスが匂い立つ。プールサイドでも、グラビアアイドルを本業とする面々にも全く引けを取らない露出多めの変形競泳水着でポージング、奄美の明るい陽射しに高宮の抜群の水着姿が映えまくる。和柄のビキニで和のテイストにも挑戦、ふすま越しのアングルや、畳での悩ましい恰好で悩殺する。


水を掛けられはしゃぐ姿や、バランスボールを使ったポージング、紫の眼帯ビキニでの入浴シーンでは、細いカラダの流線形にたわわなGカップの膨らみが強調され、スタイルの良さが堪能できるシーンが続く。岩礁で魅せる真っ赤なV字変形水着では、夕景から夜のしじまへと移り行く空模様をバックに色気を放出する高宮に釘付けになる。一夜明けた陽光のベッドのシーンでのチェック柄のパジャマを肌蹴てゴロゴロ、白いもちもちのGカップがこぼれ出そうなリラックスした表情も格別だ。花柄ビキニでのビーチシーンも最強に映えるプロポーションにきっと胸が高鳴るだろう。


最高級のスタイルと美貌。このリャンメン待ちには誰も敵わない。


高宮は10月17日(土)、秋葉原の書泉ブックタワー9Fで、このDVD『九蓮宝燈』の発売記念イベントを開催する。13時からと15時からの2回行われるので、ぜひチェックしてほしい。

<★★詳しくはアイドルワンホームページ☆クリック★★>

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 13件)

関連タグ