“令和の女豹” 宮崎華帆、下乳&美尻大胆露出「これで海とかプールに行っちゃいます」

グラビア 公開日:2020/10/13 32
この記事を
クリップ

デビュー作からいきなりエロすぎるシーンを連発し“令和の女豹”と異名を持つ宮崎華帆が11日、都内でDVD『いけないお姉さん』(イーネット・フロンティア)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。



宮崎にとって4作目のイメージ作品となる本作は、7月に沖縄で撮影。本作の設定やテーマを聞かれると「題名に『いけない』って書いてあるとおり、年下のボクちゃんとのいけない関係になったり、彼氏との関係があったりと、いろんなところでいけないことをしているお姉さんです」と紹介し、紙くずのようなものでバストトップを隠しているパッケージの写真がエロいと指摘されると「これは彼氏とお風呂でシールで遊んでいました」とニッコリ。撮影中にそのシールは取れなかったか心配されると「フフフッ、ご想像にお任せします(笑)」と微笑んだ。


また、砂ブラにも挑戦したそうで、苦労した点を尋ねられると「砂ブラは全然苦労しなかったです。クリームをいっぱい付けて、また砂をぶっかけるみたいな」と平然と話し、もっとも恥ずかしかったシーンを求められると「けっこう慣れちゃって…。でもお風呂のシーンでローションを使ってクネクネしたシーンは恥ずかしかったです。けっこうローションまみれになりましたね(笑)」と返答。そのシーンが1番お気に入りのシーンだそうで「ローションぶっかけられて、マッサージもされたりしました」とアピールした。


さらに、ベッドのシーンでの肌蹴具合を指摘されると「プールのシーンとベッドのシーンも布がないです(笑)」と笑い、そんな本作に自己採点を求められると「今回は100点です!前回は120点だったんですけど、今回は100店満点中100点です」と自信を覗かせた。加えて、今後、撮影でやってみたいことを質問されると「和服を着てみたいです。『あーれー!』ってしてみたいです(笑)。あとロリ系はしたことがないので、制服とか着てみたいですね」と声を弾ませた。


最後に、この日の水着のポイントを聞かれた宮崎は「毎回、下乳が出るんですけど、今回も出しました。(水着が)小さいんですかね」と答え、それを狙っているのでは?と追求されると「狙っているんです。嘘です(笑)」と茶目っ気たっぷりに笑った。続けて「今回は上からも下からも出しています。お尻も!外国用の水着で小さいです」と説明し、「これで全然、海とかプールに行っちゃいます(笑)」と告白して報道陣を驚かせた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 45件)

関連タグ