才色兼備のスレンダーボディ相田美優、S覚醒?「まだ本来のエロさを出しきれてない」

グラビア 公開日:2020/10/11 38
この記事を
クリップ

昨シーズンまでレースクイーンとして活動、今年から本格的にグラビア活動をスタートさせた相田美優。165cmの長身でスレンダーボディが魅力で、デビュー早々注目となった。しかも慶應義塾大学卒業の才色兼備としても話題だ。そんな相田が2枚目となるDVD『また好きになりました』(ラインコミュニケーションズ)をリリース。発売記念イベントを秋葉原のソフマップで行った。



競泳水着で囲み取材に応じた相田、「ファンの方から一番人気なのが競泳水着なんですよ。お尻が協調されているセクシーな競泳水着を着てみました。今日が初披露なので、ファンの方の反応が今から楽しみです」とにっこり。


5月に千葉県で撮影された今作は、高校時代にに好きだった人と再会する淡いストーリーになっている。「私が働いている会社に後輩として彼が入社してくるんですよ。そこで私が指導係になって、高校時代の淡い気持ちを思い出しながら一緒に仕事をするんです。次第に仲が深くなってラブラブでイイ感じな関係になっていきます」と説明。オススメのシーンは、「一番好きなシーンは高校時代の回想シーンで着た制服です。制服を着て海岸を走っています。何年ぶりですかね。もう計算できないくらい前に着ましたね。久々の制服で楽しかったです」と喜んだ。


セクシーなシーンについて聞かれると「夜ベッドで彼とふたりでワインを飲んでいるんですよ。そこでワインボトルを舐めながら彼氏を挑発しています。ワインボトルとか舐めたことがなかったですけど、好きな人を想像しなから舐めていました」と顔を赤らめた。


30歳でグラビアデビューしたばかりの相田、エロいことをたくさんやっていきたいそうだが、「まだまだ私の持っている本来のエロさを出しきれてないですね」と物足りない様子。今作でも攻めたことをしっかりやっていると思うが、「DVDをやってみて自分は挑発的な感じがむいている気がしたんですよ。今まで私はずっとMだと思っていたんですけど、この作品を撮り終えたころには自分がSだったんだと思いました。次回作では女王様みたいなことをやりたいですね。ワクワクします」と笑顔を見せた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 42件)

関連タグ