ロケットH乳 山本ゆう、初体験の裸エプロン「もうワードだけで“スケベ”(笑)」

グラビア 公開日:2020/10/06 42
この記事を
クリップ

スカウトでグラビア界に降臨した生え抜き山本ゆう。大きいだけでなく、形も抜群な95cm Hカップロケット乳が最大の武器だが、スタイリッシュなショートカット、シャキッとした明るさと爽快感に、上品なフェロモンを併せ持つイツザイとして昨春イメージDVDを発表した途端、まさにロケット並みの速さで銀河系人気を博している。そんな山本の6thDVD『U Like』(ラインコミュニケーションズ)発売を記念したイベントが4日、秋葉原・ソフマッで開催された。



前回は下乳控えめの三角ビキニだったが、今回は下乳面積150%アップのチューブトップビキニで颯爽と登場。「これはフィリピンで買ったんですけど、お披露目すのは結構レアな水着です。下乳がめっちゃ強調できるのがおススメです!(笑)以上です!」と笑顔でリポートしてくれた。


6月末に都内周辺で撮影された今作は、彼女のラインナップには珍しい上司との恋愛ストーリーが主軸となっている。「私は会社に勤めたことはないんですけど、社内恋愛の妄想を掻き立てられて、“いいなあ”って思います」と、少し羨ましい感もあるようだが、「どのシーンでもなぜか脱いじゃう(笑)」と照れ笑いするように、露出度はどのキャプチャも満点。山本的には「部長の妄想のシーンがあるのですが、会社内なのに赤いランジェリー姿になっちゃうという。あと、最近着がちな(笑)Y字の衣装ですね、あとはヒョウ柄のビキニを着ています。今までこんな強めの水着はなかったのですが、これは会社務めする前にバイトしていたカフェの衣装という設定なんです」とおすすめをちょちょいとピックアップ。


そして最大の見せ場?である初体験の“裸エプロン”については「今までタンクトップの上にエプロンはあったと思うのですが、裸にエプロンはもうワードだけで“スケベ”ですよね、あはははは!実際に着てみて、下ホントに何も着てないからスース―しましたよ」と、初めてのエッチな体験に頬を赤らめが、私生活でやってみたいかどうか聞いてみると「好きな人に言われたらやるかもしれないです(笑)」と、まんざらでもない答えが返ってきた。


ジャケットにもなっているデザインニップレスは山本ゆうの代名詞的衣装となったが「(ジャケットは)この衣装になるなとは思ってたんです。何パターンか候補が上がったんですが、圧倒的に“これがいいね!”ってなりました。オープンブラにニップレスなので、衣装的にはこれが一番エロいかな」とにっこり。


山本はお酒好きというのは知られた話。というのは、ファーストDVD撮影時にあまりの緊張で酒を飲んで景気を付けて挑んだという逸話からなのだが、「作品何本も撮らせていただいて、慣れて大丈夫になって来ましたーって言っちゃたんですけど、実はたまに飲んでます。撮影久々だし緊張するなーと思って自分で持って行ったり。この作品の時は、1日目の朝持っていきました(笑)」と暴露。居酒屋など外で飲むのが好きだそうで、コロナ禍ではなかなか難しい状況を憂いながら、「コロナ前は西新宿とかで飲んでました」とこっそり教えてくれた。山本のキャラクターから想像するに、楽しい、明るい宴席となりそうな感じ。ぜひご一緒したいものだ。


これからもグラビア界をひた走る、ひたすら“良いオンナ”山本ゆうから目が離せない。




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 67件)

関連タグ