『ミスFLASH2021』ファイナリストお披露目、RQ霧島聖子が首位で最終決戦へ

グラビア 公開日:2020/10/05 11
この記事を
クリップ

「FLASH」創刊20周年を記念して2006 年にスタートすると、瞬く間に未来のトップグラドルを生み出す登竜門として認知されることになったオーディション「ミスFLASH」。


今年も「ミスFLASH」12名のファイナリストが出揃い、10月4日、渋谷シダックスカルチャーホールにて『ミス FLASH2021 選考オーディション ファイナリストお披露目』が開催された。


15年目という節目を迎えた「ミスFLASH」。今年の熾烈な戦いを勝ち抜き、ファイナリストとして選出されたのは、ランキング順に、霧島聖子、天野紗也加、名取くるみ、高橋みお、益田アンナ、奥村美香、高槻実穂、稲岡志織、水谷彩咲、狐々ちーりん、山之内優美、目黒りお の12名。そして、敗者復活戦を勝ち抜いた、やのかえで、桃瀬こなつ、旭桃果 3名を追加した計15名が今年のファイナリストだ。


壇上に水着であらわれた15名はやや緊張の面持ち。


敗者復活1位やのかえでは、緊張で言葉に詰まりながらも「あがり症だったり、コミュ障だったりしますが、今までのファイナリストやグランプリの方々と肩を並べられるようになれば」。総合10位狐々ちーりんは、「このような素敵な場でも、しっかり耳が生えてよかったです!今はまだ見習い狐なんですが、ミスFLASHを通じ立派な狐になれれば」と語り、総合3位名取くるみは、自信満々に「正直ビビってます。」の書を掲げ会場を沸かせた。


現在総合1位でレースクイーンの霧島聖子は、「グラビアは人生で初めて。初挑戦でここまで来られたことをうれしく思います。今は感謝の気持ちしかありません。どうしても結果に残したい、グランプリを獲って恩返しをしたいと思います!」と熱量たっぷりに語るなど、今後の戦いは更なる激しさになることがうかがえる。


気になるファイナルバトルの期間は、10月4日(日)~11月3日(火)まで。マシェバラ、SHOWROOMのライブ配信ほか、オンライン撮影会、公式サイトでのポイント投票、オリジナルグッズ、読者ハガキによるポイントバトルで競い合い、はたしてグランプリに輝くのは誰か!?


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 33件)