デビューDVDから“泡ブラ”挑戦、幼顔 大崎菜々子の大胆ぶりにドキッ

グラビア 公開日:2020/09/21 13
この記事を
クリップ

大学4年生だった昨年は東京スポーツ主催の「ミス東スポ2020」に参戦して話題を集めた大崎菜々子。惜しくもグランプリを逃したものの、上からB83・W56・H83(cm)というスリーサイズの数値が示すスレンダーボディでファイナリストにまで上り詰めた。その彼女が記念すべき1stDVD『親密な関係』(エスデジタル)をリリース。キュートなフェイスと極上のスレンダーボディを惜しみなく披露している。


これまでデジタル写真集や「ミス東スポ2020」などでのグラビア経験はあるものの、大崎にとっては初めてのグラビアDVDとなる今作。緊張感があると思いきや経験豊富なグラドルと遜色のない動きと余裕の表情を見せており、完成度の高さとしては十二分に満足できる出来栄えだ。とは言え、1stDVDということで全体的には明るい笑顔と元気さを出すなどフレッシュ感が満載。その中でもセクシーな仕草を随所で見せるなど、キュートさとセクシーさの両面を楽しめる構成となっている。


彼氏を起こす朝ベッドでは、起きた彼氏とイチャイチャするのだが、その時に浮かべる楽しそうな笑顔は天使そのもの。時間が立つにつれて大人びた仕草を見せながら衣服も脱いでいく。水も弾く白い肌を大胆露出するなど、それまでの笑顔から一変したセクシーさだ。プールサイドでは体操着を脱ぎ捨ててスクール水着に。そこからシャワーシーンへとシーンを移し、白肌ボディをカメラが肉薄する。


23歳ながらもキュートさを併せ持っている大崎。コスプレシーンも今作の見どころだ。今回はメイド服や制服などを着用しているが、メイド服のシーンでは飴を舐めながらパンチラ見せなどを披露し、さらにサービスタイムへと突入する。メイド服を脱ぐとヌーディー感を感じさせる肌色のセクシーな水着姿となり、彼女の色白ボディを存分に楽しめるシーンだ。車内のシーンでは色白ボディにカメラが急接近するなど接写を多様。彼女の極上ボディも見逃せないが、カメラに向ける誘惑の目線に実に色っぽい。同シーンでは胸の谷間も強調。バストフェチ必見の映像も収録するなど、今作の見どころシーンといえる。お風呂のシーンも必見だ。こちらはメイドのシーン同様に、ヌーディーさを感じさせるベージュの水着を着用。さらには泡ブラに挑戦するなど露出度は相当高い。1stDVDでここまで披露した大崎。次回作のリリースが待ち遠しい限りだ。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ