癒し空気に魔性の魅力 小湊優香、Gカップ美巨乳にハマる

グラビア 公開日:2020/09/20 17
この記事を
クリップ

“日本一稼働が多いイベントコンパニオン”なる異名を持つ小湊優香。東京ビックサイトや幕張メッセなどで開催される巨大展示会で、名だたる企業のブースを担当してきた。さらに地方へも出向きさまざまなイベントも担当、「楽しいです」とほほ笑んだ。158cmと小柄な部類に入るかもしれないが、形の良い90cm Gカップの美巨乳が、企業ロゴの下には隠されていた。


撮影会にの参加した時の写真データを見た現事務所から声を掛けられグラビアを始めたそう。そんな彼女は2月にファーストDVDを発売していたが、新型コロナウイルス感染拡大でイベントが出来ずにいた。今回発売された2ndDVD『僕の彼女はエステティシャン』(イーネット・フロンティア)で初めてのイベントが、秋葉原・書泉ブックタワーで実現した。


細かい花柄+フリルの愛らしいビキニで登場した小湊は、イベントコンパニオンのイメージとしてはやはり小さくて可愛い印象だが、イベント会場では華があり、目立つ存在なのだと感じさせる。ジャケット写真のような大胆な下乳は鳴りを細めたが、むちっと丸い美バストが魅力を放っている。「ほんとのプライベートの水着です。でもあまり着てないんです。王道で可愛いかなって思って選びました」とはにかみ、初めてのファンイベントを前に「もう不安しかないです。朝からめっちゃお腹痛いです」と小鹿のように震えていた。


今作は正月時期にサイパンで撮影されたもの。タイトル通りエステティシャンになりきって、癒しを施していくが、実際はエステティシャンの資格は持っていないという小湊だが、「以前、化粧品販売の仕事をしていたので、エステシーンでは、わりとすらすらと話せました」と、昔取った杵柄に感謝しつつ、お気に入りには廃墟で撮ったシーンを挙げ、「イメージカットなのですが、普段なかなか行けないので不思議でした。衣装も手ブラで見えそうで見えない感じで、綺麗に撮っていただきました」とにっこり。今作は手ブラも多く、前述のジャケット写真の弾けそうな下乳や、Gカップが強調された競泳水着、マイクロ眼帯など、露出もギリギリまで頑張っているが、中でもシャワーのシーンは恥ずかしかったそうで、「スケスケのランジェリーだったので、濡れて見えちゃうんじゃないかってそわそわしました」と頬を赤らめた。


今後のグラビア活動については、「DVDも出させていただいたので、今度は雑誌のグラビアに挑戦してみたいです。もっといろんな人の目に触れると思うので、観てもらえるかなと思っています」と意気込んだ小湊。憧れのグラビアアイドルは朝比奈祐未だそうで、「お友達としても仲良くさせてもらっています。ストイックなんだけど、フレンドリーにいつも接してくれて、憧れています」と話した。朝比奈は“ひなけつ”として美尻がウリだが、小湊に聞くと照れくさそうに「私は…胸…それと肌が白いので美肌…」とひっそりアピールした。


小湊は、11月に早くも3枚目のDVDの発売が決定している。8月からは『週刊ポスト』(小学館)デジタル写真集『教えてください… 』も配信中とのこと。癒しの空気と見事なGカップ美乳、品のあるそこはかとないエロさは魔性の魅力たっぷりで、2021年へ飛躍すること間違いなしの小湊優香に注目してほしい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 80件)