劇団4ドル50セント 立野沙紀『ヤンマガ』W表紙制覇、健康的ボディ弾ける

グラビア 公開日:2020/09/17 9
この記事を
クリップ

「劇団4ドル50セント」の女優・立野沙紀が、9月17日発売の『月刊ヤングマガジン』(講談社)にて表紙と巻頭グラビアに登場している。


立野は、9月7日発売の『週刊ヤングマガジン』で夢だった自身初のグラビアの表紙を飾っていたが、勢いそのままに本誌の表紙にも抜擢されたことで"ヤンマガのW表紙"を達成した。


今年2月にグラビアデビューをしてから、容姿端麗なルックスと健康的な美ボディーを武器に、"史上最も可愛い劇団員"とグラビア界で一気に注目を集めた立野。


今回のW表紙が決まったときは、「"これは夢なんじゃないか"と思うくらいびっくりしました!」と、当時の心境を振り返っている。


週刊を見た読者からは「可愛すぎて今週一週間ずっと見てると思います」「バチボコにタイプすぎて即フォローしちゃった」「まさに奇跡の童顔&顔面偏差値よ!」といった反響があったが、月刊では別カットが収められていることもあり、ファンを中心に期待の声が集まっている。


立野は同劇団の女性メンバーでは25歳と最年長でありながら、その年齢を感じさせない童顔から"驚異の顔面偏差値"と話題を集め、舞台やドラマだけでなく雑誌やバラエティ番組への出演も急増中。


「キューティーハニー」や「左ききのエレン」といった人気原作の舞台化作品への出演も控えており、今後も女優業を中心にマルチな活躍が期待されている。


<立野沙紀コメント>

週刊ヤングマガジンさんに掲載いただいたときは、初めて表紙を飾れたことだけでもすごく嬉しかったのに、まさか、月刊ヤングマガジンさんでも表紙に掲載いただくと思っていなかったので、"これは夢なんじゃないか"と思うくらいびっくりしました!

週刊が発売されてから、応援してくれてるファンの方はもちろん、表紙を見て私を知ってくださった方、友人や関係者の方からたくさんのお言葉をいただきとても嬉しかったです!

個人的にはヒョウ柄のビキニを着たカットがおススメで、飾りすぎずありのままな自分を表現できていると思うので、ぜひ多くの方に観て楽しんでほしいです!



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)