『ミスヤングチャンピオン2020』異例のハイレベル、ヲヲタリンリン 瀬戸ローズら5名がGP

グラビア 公開日:2020/09/13 5
この記事を
クリップ

2010年よりスタートした『ヤングチャンピオン』『ヤングチャンピオン烈』『別冊ヤングチャンピオン』(秋田書店)の合同グラビアアイドルオーディション、『ミスヤングチャンピオン』。


今年11回目を数える『ミスヤングチャンピオン2020』のグランプリお披露目イベントが9月12日、浅草花やしき内の花劇場にて開催された。


4月からの長き戦いを駆け抜けたミスヤングチャンピオ2020グランプリファイナリストは、オオタリンリン、香月わかな、白藤有華、瀬戸ローズ、竹花有紗、戸奈あゆみ、細元優希乃、柳川みあ、山腰美月の9名。


緊張の面持ちで自己紹介を終え、駆けつけたファンの前で見事グランプリ受賞となったのは、ヲヲタリンリン、瀬戸ローズ、戸奈あゆみ、香月わかな、柳川みあの5名。


各々が「驚き」を口にしながら、喜びのコメントを語ってくれた。


◆ヲヲタリンリン

「とにかくビックリしていて、今嬉しくなってきました(笑)受賞者の中に私が入っていて本当に驚いています。引き続きみなさんに応援して頂けるような魅力あるタレントになりたいです」


◆瀬戸ローズ(「イーネット・フロンティア賞」を同時受賞しDVDの発売も決定)

「グランプリ受賞と同時にDVD発売決定のお話も頂き、本当にビックリしています。この後DVD制作も待っているということで、恥ずかしい気持ちとワクワクの気持ちでいっぱいです」


◆戸奈あゆみ

「緊張していましたが、今は驚きの方が大きいです。辛い時がありながらも嬉しく楽しい期間を過ごすことが出来ました。ファンの方はもちろん、多くの関係者の方々に対する感謝の気持ちでいっぱいです」


◆香月わかな

「みなさん仰っていますが、私もビックリしています。今回、出るからにはグランプリという強い気持ちで挑みました。おそらく現役レースクイーンでは初の受賞になると思うので、このミスヤングチャンピオンを通してレース場に足を運んでくださる方が増えてくれると嬉しいです」


◆柳川みあ

「“みあ、グランプリ獲れました!”この言葉をみなさんの前で言うことがみなさんへの恩返しになるんだよと言ってもらえていたので、本当に嬉しいです。今回のミスヤングチャンピオングランプリを活かして、アイドル活動「Glitter Piece」やグラビア活動を頑張っていきたいです」


ファイナリスト9名中5名がグランプリ、残り4名が優秀賞という異例ずくめとなった「第11回ミスヤングチャンピオン2020」は、グランプリ受賞者の驚きと喜び、そして感謝の声にあふれ大団円となった。


個性豊かなグランプリ受賞者の揃う今回のミスヤンチャン、今後の彼女たちが見せる幅広い躍進にも期待が広がる。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 23件)