橋本梨菜『はぐれアイドル地獄変』 公開「エッチだけど感動して泣きました」

グラビア 公開日:2020/09/12 14
この記事を
クリップ

「漫画ゴラクスペシャル」(日本文芸社)で連載中の芸能界でアイドルとして生き残るために主人公が奮闘するさまを描くセクシーコメディ映画『はぐれアイドル地獄変』 が12日、公開初日を迎え、東京・池袋シネマ・ロサにて、主演の“なにわのブラックダイヤモンド”こと人気グラビアアイドルの橋本梨菜が舞台挨拶に登壇した。


こんがり焼けたGカップボディが映えるピンクのビキニに、道着の上のみを重ねた、劇中シーンさながらのセクシースタイルで登場した橋本は、「主人公の(南風原)海空ちゃんも歌手を目指して沖縄から上京してるんです。わたしも大阪から親元を離れて上京しているのでその境遇にはすごく共感しますが、海空ちゃんは闘うのが強いんじゃなくって中身も凄い強い女性なので、そういう部分では全く真逆で、私はビビりですし、闘わなきゃいけない状況はできるだけ避けて通る感じなので(笑)。そういう部分は尊敬できますね。だから演じるのは難しかったですけど、原作を読んでから、この役をほかの人がやるのは絶対に嫌やなと思ったので、すぐお願いしました」と、役についての意気込みを話すと、撮影はあっという間だったと振り返り、「お芝居自体もほとんど経験がない状態、ましてや主演をやらせてもらって、ほんとうに目まぐるしく新鮮な事ばかりでした。監督が優しいから全然NG出されないんですよ。ほんまに大丈夫ですか!?って(笑)」と、順調な撮影だったことを思い出して笑顔をみせた。


「初めてがたくさん詰まった作品になっています。私は感動して泣きました。ちょっとエッチなアクション映画だって私は思っているんですが、それだけじゃなくって、愛情のこもった演技のみどころもあるので、そちらも楽しみに観て頂きたいです」とメッセージを贈った。橋本の体当たり演技と感動のシーン、人気グラドルならではの映えるGカップボディが織りなすちょっぴりエッチなシーンと何重にも楽しめる娯楽作品『はぐれアイドル地獄変』をぜひ一度鑑賞いただきたい。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)

関連タグ