朝比奈祐未 “喪服を脱がされて”、官能的エロスに蕩ける“ひなけつ”を味わう

グラビア 公開日:2020/09/01 28
この記事を
クリップ

美大出身の洗練された、ほかのグラドルとはひと味違うスタイリッシュさと、89cm Gカップからのむちっとした肉付き、そして何と言ってもグラビア界No.1との呼び声高い“ひなけつ”こと97cmの“美巨尻”のエロさの配分が最強に“良いオンナ” な朝比奈祐未の最新DVD『琉球悦楽~終わりなき碧の眩暈~』(エスデジタル)が先月発売、記念のイベントが秋葉原・ソフマップで開催された。


ソフマップでのイベントでは、必ずマイクロビキニ姿と決めている朝比奈。今回は初めてという白のマイクロビキニで登場。「ちょっと透ける白なので、動くとヤバいし、下(ボトム)も凄くてドキドキです。両面テープでめちゃくちゃ止めてます」と恥ずかしそうに明かしてくれた。


12作目となる今作は石垣島で撮影が行われ、5月に発売した同名写真集とリンクした内容となっている。「今回は女流作家の役でして、作品を書くために行った石垣島で夫の訃報に触れます。実は夫が叔父さんからお金を借りていたことが分かり、いろいろ苛められたりします。あと女流作家の内に秘めていた欲望とかが露わになって行くという、ストーリーもかなり凝ったものになっています」と、あらすじを聞くだけでもドキドキしてしまうが、本編はその期待を裏切らない過激なシーンの連続となっているそうで、「叔父さんに“お前の夫は借金があるんだよ。返せないんだったらカラダで払え!”みないな感じで言い寄られて畳の上で喪服を脱がされて、その下がけっこうセクシーなランジェリーを着ています。このシーンがお気に色でもありますねー」と照れ笑いを浮かべ、「でも困るばかりじゃなくて、ちょっと実は嬉しんじゃない?みたいな、内なる欲望も露わになっていく…というのも観て頂ければ」とアピールした。


数ある役を演じてきた朝比奈だが、未亡人というのは初めて、「いやあ、夫亡くなったばっかりなんだからダメだぞとは思うんですけど、イケないと分かっていてもカラダを許しちゃうみたいな、しっとりとしたセクシー感があって、やってて面白かったです」と振り返ると、“もし自分がそういう立場だったら?”と切り返され、「ダメですダメです!絶対ダメ!まずショックです、そんな(亡くなったのに)沖縄行ってる場合じゃないですよー。カラダが言うこと聞かないとかないですないです!カラダでじゃなくて、ちゃんとお金返します!」と言い切った。


今作も大人っぽい淫靡な空気満載の“朝比奈節”が炸裂した秀作だが、実は次作も撮り終えているそうで、「この先も、やっぱりドロドロした“朝比奈節”全開でやりたいなと思います。昼ドラ的なね!」と、おちゃめな朝比奈だったが、次作もその次も、朝比奈ワールドの魅力から抜けられなさそうだ。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 55件)

関連タグ