「脱ぎたがりで見せたがり」F乳法学部グラドル 橋本ひかり、えちえち感ムンムン

グラビア 公開日:2020/08/25 11
この記事を
クリップ

“日本一脱げる法学部グラドル”というパワーワードで、SNSを中心にファンを獲得してきた橋本ひかり。


大学入学後始めた撮影会モデルのアルバイトがきっかけで、雑誌に取り上げられ今に至るが、元々人に撮られてみたいという願望と、えっちな水着をみんなにみてほしいという気持ちで始めたんだそうで、本人も「脱ぎたがりで見せたがりです!」とあっけらかん。なんかそわそわする理由がエロい。


特にTwitterでは、むっちと抱き心地の良さげなFカップボディの動画や写真を連日投稿。ビキニ姿がえっちなのはもちろん、そのデザインの多さも人気のヒミツとなっており、フリーで活動しているにも関わらず、フォロワーは8万人を超えており、人気の凄さを裏付けているが、ファンからの「DVD出してほしい」という熱烈リクエストが実り、めでたく1stイメージDVD『ヒカリノキセツ』(スパイスビジュアル)がリリースされ、待望の記念イベントが秋葉原・ソフマップで開催された。


こちらも初めてとなる囲み取材に臨んだ橋本は、白のベーシックなビキニをチョイス。「ファースト(DVD)らしく、ちょっと清純さを出してみました。あんまりイメージないと思うんですけど」と、SNSでの過激な橋本は鳴りを潜めたが、バランスの取れた“なまいきボディ”はナマで見ても素晴らしかった。


「(撮影は)緊張したんですけど、とても楽しく撮れました。是非観てほしいです!」と笑顔満開の橋本。“日本一脱げる法学部グラドル”の看板に偽りナシか確認されると、「下乳とか横乳とかいっぱい出ています」とにっこり。さらに「恥じらいながらえっちな格好をしているひかりちゃんがいっぱい出てくるので観て欲しいです」と、彼氏に大胆に迫るえちえちな姿が満載の作品となっている。印象に残ったシーンを問われると「職場にこっそり忍び込んでヒミツの〇〇。みたいなのがエッチです。あと、メイド服がお気に入りで、衣装さんのハンドメイドなんですけど、とっても可愛くてエッチなデザインなんです。全方向からおっぱいが見えてて恥ずかしいんですけど、やっぱりみんない喜んでほしいので」と、待ち望んでいたファンへの感謝の露出をアピールした。


チャームポイントは「コンパスで円を描いたようなおっぱい」という橋本。確かにまんまる美乳はTwitterの動画や写真でも強調されており、橋本のスタイルの良さとちょっと肉感的なメリハリボディのキーになっている部分だが、「自粛中で成長してGカップになりつつあります!」と朗報も聞かせてくれた。


今後はグラビア活動をより活発化させたいそうで、目標は雑誌の表紙を飾ること。目標とするグラドルは「名前出すのも畏れ多いんですが」と、引退した川崎あやを挙げた。実は公務員を目指して法学部を受験したそうだが、卒業後はグラビアアイドル1本で行くと宣言。卒業は順調に行けば今年の9月だそうで、卒業後のキャッチフレーズを募集中という。“日本一脱げる法学部グラドル”を超える秀作を期待したい。


今は専らYouTubeを観ていることが趣味という橋本は、中でも咀嚼音などのASMRにハマっているそうだ。自分でもYouTubeを始めたいというが「(やりすぎて)アカウント停止されそうで怖くて、手を付けられない状態です」と、いったいどんなエロいことを妄想しているのか期待してしまう。ちなみに自身のDVDの内容は有罪にはならないそうだ。


橋本は9月25日(金)に早くもセカンドDVD『タイトル未定』(竹書房)の発売が決まっているので、こちらもぜひチェックしてほしい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 54件)

関連タグ