100cm Iカップ四宮由貴、巨乳&巨尻 二刀流の四つん這いスタイルが刺激的

グラビア 公開日:2020/08/23 15
この記事を
クリップ

154センチの身長にバスト100センチのIカップの持ち主であり、そのギャップで多くのファンを引き込んでいる四宮由貴が2枚目となるDVD『Touch me softly』(スパイスビジュアル)をリリース。発売を記念したイベントが、秋葉原のソフマップで行われた。


昨年12月に都内と千葉県で撮影された今作。「ファーストDVDの撮影をした1週間後にこのDVDの撮影だったんですよ。撮影はとても緊張していましたけど、ピュアピュアな私が見れると思います」とあいさつした。


今作は彼氏と温泉旅行がテーマであり、ふたりのラブラブが楽しめる内容になっている。どのようなシーンがあるのか聞いてみると「肌色の眼帯水着を着て温泉に入っているところですね。この衣装がすごく可愛くて気に入っていて、今でも強い印象が残っています」と紹介した。


セクシーなシーンについては、「ジャケットにもなっている黒いハイレグが本当にセクシーなんですよ。ここでは彼氏を誘惑して四つん這いになって挑発しています」とアピール。胸の大きさばかり目がいってしまいがちだが、実はお尻も大きく90センチという巨尻であり、この四つん這いのシーンも見どころのひとつである。


胸が大きくて撮影では戸惑うことが多かったそうだが、「水着を中心にして上手く着ることができなくて、どうしてもずれてしまうんですよ。スタイリストさんにも協力してもらって、なんとかポロリとかもしないで撮影できました」と明かした。今作では温泉旅行という設定に挑戦した四宮だが、今後の作品で挑戦したいことを聞いてみると「今回は旅館におじゃまして撮影をしたんですけど、また旅館で撮影できたらいいなと思いました。最初のころは緊張しての撮影だったんですけど、雰囲気もよくてリラックスもできたので、楽しくできました。でもこれだと今回と同じような設定になってしまうので、次は女将さんに挑戦したいです。和が好きなので着物を来た作品とかやってみたいです」とアピールした。


今年の1月にデビューしたばかりの四宮に、グラビア活動について聞いてみると「今回の撮影はファーストの直後だったので、そのときにスタッフさんからいろんなアドバイスをしていただけたので、ファーストがすごく活かせた作品に出来上がったと思います。でもまだまだ浅いですね。今は勉強中で頑張るのみです」と目を輝かせた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 40件)

関連タグ