脚線美&美乳 “きれいなおねえさん” 名取くるみ、艶めかしいアングルが恥ずかしい

グラビア 公開日:2020/08/23 17
この記事を
クリップ

2019年秋にデビューDVD『クルミ ミルク』で本格的にグラビア活動を開始。レースクイーン経験もあり、しなやかな曲線美と美脚で“きれいなおねえさん”的な雰囲気を醸す“くるちゃん”こと名取くるみが、約1年ぶりとなる2ndDVD『Re:Debut』(イーネット・フロンティア)を先月リリース。記念イベントが秋葉原・ソフマップで開催された。


秋を意識したブラウン基調のチェック柄のビキニで登場した名取。すらりとしたみごとな美脚と、薄いウエスト周りで記者陣を魅了した。ビキニだけでなくガーターをプラスすることで、より美脚が際立ち、大人っぽくセクシーな雰囲気を振り撒いた。


今作のロケ地である沖縄は、修学旅行以来の訪問で、郷土料理も堪能したと笑顔をみせたが、作品はキャプチャーごとに視聴者を彼氏に見立て、名取といちゃいちゃデートをするという内容となっており、「カメラマンさんの趣味で動きました」とおどけてみせた。タイトルについては「撮影会や雑誌グラビアのお仕事はしていなかったのですが、1年間DVDを出さなかったので、“戻ってきた”と言う意味ですね」と話し、お気に入りの衣装については「初めて着た“胸のオーロラ”、デザインニップレスですね。けっこう周りからはすごい頑張ったねって言われますが、自分の一番のアピールポイントでもある胸の形がより伝わりやすいんじゃないかなって思います。夕方に撮ったんですが、夕陽がとても綺麗で、風も良い感じに吹いて最高でした」と振り返った。ニップレスもセクシーだが、さらにスケスケ衣装にも挑戦、「これはもう肌色ベースなので、何も着ていない感じです。黒の模様で隠れているだけなので、下は大丈夫なのかな?って思いました」と恥ずかしそうに話した。しかし本当に恥ずかしかったのは朝ベッドのシーンだそうで、「初めてアイス舐めだったり、小さいバランスボールに乗ってるシーンがあって、それがアングル的に何も乗っていないように見えるんです。なんか艶めかしい連想をさせちゃうような感じになってしまって、恥ずかしかったです」と照れ笑いした。


今作の自己採点を聞いてみたのだが「観てないんです」との返答。「もう恥ずかしくって絶対観れないです。ファンの方から“ファーストから比べたら全体的にエスカレートしたね”って言われます。あと、“自分が撮りたかったアングルが全部詰まっていたので、もう撮影会行くことはないかも”なんて言われました(笑)」と話し、ファンからみれば満点以上の素晴らしい出来栄えだったようだ。


名取と言えばしなやかな曲線美がウリだが、キープの秘訣を探ってみると「幼いころから運動が大好きなのと、通学が遠くて、歩いたり、自転車乗ったりが多かったので、それで今があるのかなと(笑)」と、特に今は何もしていないそうだが、食べたらおなかがぽっこり出てしまうそうだ。


新型コロナの影響で自粛ムードもなかなか抜けきれないが、名取は毎日買い出しには言っているそうで、「スーパー巡りが大好きなんです。特に生鮮売場が好きで、見切り品とか探しちゃいます」と、意外にもしっかり主婦目線の一面も明かしてくれた。


名取は現在『ミスFLASH2021』のオーディションに参戦中。先日発表されたセミファイナル進出者30名に選ばれている。ぜひ気になった方は投票されてはいかがだろうか。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 67件)

関連タグ