圧倒的Gカップ美巨乳 葉月あや、カジノディーラーの資格取得に意欲「20代のうちに」

グラビア 公開日:2020/08/16 25
この記事を
クリップ

日焼けした健康的なボディに90cmのGカップバストが魅力の葉月あやが16日、都内でDVD『僕の天使』(イーネット・フロンティア)の発売記念イベントを開催。イベント後に囲み取材に応じた。


葉月にとって18枚目のイメージ作品となる今作は、2月にグアムで撮影したそうで「私のロケ日はめっちゃ天気がよかったんです。私の日だけ!」と自慢げに語り、作品の内容については「タイトルが『僕の天使』なので、基本的にはイチャイチャなんですけど、見ている人が“僕の天使”って思ってもらえるようなイチャイチャな内容です」と紹介。


具体的なシーンについては「オススメのシーンは、ジャケットにもなっている見た目が綺麗な羽根のシーンと、ゴールドのビキニのシーンです。ゴールドのビキニはダンスのシーンで着ていて、このゴールドも自分で決めました。すごくセクシーなダンスになっていて、見ている人の目が疲れちゃうくらい揺れています」とアピールし、「羽根のシーンは朝ベッドのシーンで、ジャケットも自分で決めたんですけど、水着よりエロいんじゃないかなと思います」とニッコリ。


羽根のシーンは撮影が大変だったようで「この辺(バストトップ)は貼ったんですけど、あとは貼れないのでメイクさんとかカメラマンさんが後ろでこうしながら(羽根を舞い上げながら)撮影しました。みんなで頑張りましたね」と苦労を明かし、ハプニングについては「ありますよ。舞っちゃうので(笑)」と照れ笑いを浮かべた。


また、浜辺のシーンではセクシーな変形ワンピース水着を着ているが「この衣装がすごくお気に入りで、最近のDVDでハイレグの評判がよくて、白を着ていなかったので、このハイレグを入れました」と声を弾ませ、もっともセクシーなシーンを聞かれると「(レースの)変形の黒を着ている夜ベッドのシーンですね。艶っぽい感じになっています」とお勧めした。


新型コロナウイルスの影響で、この夏は外出自粛ムードが漂っているが、どんなことをしてこの夏を過ごしたいか聞かれると「今年はとにかく我慢の年なので、自分ができることをするしかないじゃないですか。私、自粛期間中も同じ事務所の犬童美乃梨ちゃんのトレーニングのYouTube『#みのトレ』を毎日やって3kg痩せたんですよ。今日、ファンの方にも『めっちゃ痩せたね』って言われたんですけど、来年に向けてできることをしていくしかないと思っているので、自分磨きをしたいですね」とコメント。


来年6月には30歳になるが「いい30代に入れるように、体型とかもそうですけど、今一番自分がアップデートされた状態で30代を迎えたいので、身なりもそうですし、内面もだいぶ落ち着いてきたので、色々磨いていきたいですね」としみじみと語り、落ち着いていないときはどんな感じだったのか追求されると「昔か、例えば若い女の子を見ると敵だって思っていたんですけど、今って若くかわいい子を見ると“かわいい!”って思えるようになってきたんです。それが大人になってきたってことなのかなって。年齢を重ねて余裕が出てきたので、このままいい30代を迎えられるようにしていきたいですね」と目を輝かせた。


さらに、20代のうちにカジノのディーラーの資格を取りたいそうで「今年の頭から学校に通い始めていたんですけど、コロナでお休みになっちゃって、本当は今年中に取るって決めていたんですけど、まだ授業がたくさん残っているので、できれば20代のうちに取りたいです。佐藤聖羅ちゃんが先生をやっている学校に通っています」と意気込み、その資格を取ろうと思ったきっかけを聞かれると「今はいいですけど、30代になるし、将来のことを考えるじゃないですか。40になって果たしてグラビアができるのかとか、35になって人気がなくなったら仕事がないなとか。だから手に職をつけておこうと思って(笑)。ギャンブルも大好きで、ギャンブルほどこうなる(テンション上がる)ことないので。あの瞬間が熱い(笑)。でもまだまだグラビアは続けますよ」と胸の内を打ち明けた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 36件)

関連タグ