波樹杏樹 グラビア初挑戦、引き締まったこんがりFカップボディに熱視線

グラビア 公開日:2020/08/15 22
この記事を
クリップ

女優を中心に8年間活動、今年の6月に大手芸能事務所に移籍、26歳でグラビアに初挑戦した波樹杏樹(なみき あんじゅ)。


健康的な小麦色の82cm Fカップと無駄のないすっきりしたラインを描くくびれボディが魅力。ゴルフや、ウェイクサーフィン、スノーボードなど、季節を問わず体を動かすことが大好きな快活美人。デビューDVDとなる『おにいちゃん大好き』(ギルド)でも、そのプレシャスプロポーションを惜しげもなく披露している。


ジャケット写真からして“手ブラ”という大胆さだが、「最初はニップレスを付けて撮影していたんですが、手からはみ出てしまうということで取ることになりました。これ本当になにも付けていない状態なんです」と説明、残念ながらDVD本編ではビキニの紐を外した状態で手で押さえるタイプの“手ブラ”は収められているとのこと。


3月上旬に沖縄で撮影された今作は、4日間ほぼ不眠不休だったという力作。昔から近所だった“幼なじみ”的存在の、大好きな“おにいちゃん”が島を離れることになり、その前に忘れられない思い出作りをするという展開。不安も多かったそうだが、新たな挑戦として一念発起した処女作となっている。「実は21歳の時に水着のお仕事のオファーがあったのですが、当時は偏見があったというか、水着にはなれないと思ってたんですが、今は考えが全く変わって、やってみたいと思いました」と心境の変化を振り返った。今作は水着オンリーだったが、「次回撮るときは下着でも撮ってみたいです」と積極的な言葉も飛び出した。


彼女は、専用ボートの引き波を利用するウォータースポーツ 、ウェイクサーフィンの2019年大会で関東2位という成績も残すスポーツ系女子。それゆえ鍛えられたカラダが目を惹くが「腿の筋肉はどの女性よりも固いです(笑)。レッグプレスでは210kgを上げました」と相当なもの。おしりがぷりっと上がっているのはその効果の賜物か?ほかの部位も鍛錬に余念がないそうだが、しかしバキバキに仕上がっているのではなく、女性らしい柔らかみを残したスタイルは特筆すべきだろう。


囲み取材には裏パケにも載っている、撮影でも来た細かいボーダーの三角ビキニを着てきた波樹。王道のビキニが引き締まったカラダに映えて、とてもセンス良く、似合っている。遅咲きのグラビアデビューだが、スタイリッシュな空気を纏いながらも親しみやすいキャラクター、そしてこのカラダと、ブレイクする要素は多い。ジャンルにとらわれないマルチな活躍を視野に入れているというが、グラビアの方でも今後の活躍に期待したい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 58件)

関連タグ