母が推薦⁉ 98cm Iカップの“乳カマー” 山岸楓、美白美爆乳から目が離せない

グラビア 公開日:2020/08/09 13
この記事を
クリップ

橋本梨菜や森咲智美など、地上波の出演も多いグラビアアイドルを多く輩出。彼女たちを含む、犬童美乃梨、葉月あや、まいてぃの“リップガールズ”全員がGカップという、たわわすぎる芸能事務所リップのユースチームに今春から仲間入りした21歳のニューカマー山岸楓。


母親から「グラビアやってみれば?」と軽いノリで言われ、事務所に応募したという経緯を持つ。グラビア界に入る前は、新郎新婦の衣装を一緒に選びアドバイスなどをする”ドレススタイリスト”だったといい、その仕事は辞めてこの世界へ飛び込んだ。自分の娘のスタイルの良さをずっと見てきた母親の的確なアドバイスで、今グラビア界に産声を上げたわけだが、所属した事務所も精鋭ぞろい。目標を聞かれると「憧れている先輩は葉月あやさんと橋本梨菜さんです。森咲智美さんはエロくて素敵です」とにっこり。指針となる先輩たちが多くいることの幸せを感じているようだった。


160cmの身長に、バストはなんと100cm一歩手前の98cmのIカップを装備し、リップのおねえさん方をも超える迫力。それなのにウェスト58cm、ヒップが89cmという黄金比の理想的ボディが、大物感を醸し出す。6月に竹書房の人気シリーズ『ミルキー・グラマー』でデビュー。そのDVDの発売記念イベントが秋葉原・ソフマップで開催された。


イベントも、囲み取材も初めてという山岸は、遠慮気味に登壇したが、纏っていた水着は攻め攻めのゴールドビキニ。スタンダードな大きさなのだろうが、山岸のたわわなIカップが上下左右にはみ出しまくりの揺れまくり。繰り出すポーズも初々しいが、ファインダー越しに実るIカップの張りと形の良さに自然とシャッターを切る回数が増える。キャラクターは明朗快活。弾ける笑顔で記者陣の要求に応えていた。


記念すべき処女作は沖縄で撮影、実際の作品を手にした山岸は「やっぱり恥ずかしいです」 と頬を染めたが、婦警に扮した彼女と彼氏のイチャラブ旅行がコンセプトのもと、デビュー作とは思えない露出で頑張っている。「ジャケットの黄色のボーダーの水着はビーチを走っていまして、相当お胸が揺れています。お気に入りシーンはバランスボールで運動しているところですかね。初めての撮影で緊張しっぱなしだったんですけど、この時は唯一我を忘れて楽しめました」と振り返り、恥ずかしかったシーンには肌の色に近いY字水着を挙げ、「けっこう際どくて、そわそわしました。これは…かなり恥ずかしかったですし、こういうの着ると私グラビアアイドルなんだなあってあらためて思いました」とグラドルデビューを実感したそうだ。


今後の目標について「雑誌の表紙を飾ることです」と即答した山岸。囲み取材終了後には思わず「緊張したー」と漏らし、あどけない雰囲気と初々しさも可愛い。グラビア界屈指のスタイルを武器にして、旋風を起こすか大いに期待したい逸材の降臨だ。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 55件)

関連タグ