サイバージャパンダンサーズ「夏、それはバラを勝ちとるギャルたちの闘い」ビキニ競艶

グラビア 公開日:2020/08/04 9
この記事を
クリップ

Amazon Prime Videoの婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』シーズン3でカップルになった友永真也と岩間恵が入籍したと話題になった。8月4日発売の『週刊FLASH』(光文社)では、サイバージャパンダンサーズのメンバーMIRINがバチェラーに扮し、人気メンバーKAREN、KAZUE、KANAE、KOZUE、JUNON、RIO、KANA、MIRIN、HARUKA、そしてFカップの新人・RENA総勢10人で「サイバチェラーダンサーズ」としてグラビア撮影に挑んだ。


バラを勝ち取るため、SEXYなランジェリーやビキニで挑発しまくる彼女たちの熱い闘いが誌面で楽しめるよう作られている。


今回の撮影でグラビアデビューとなる新人のRENAからのコメントが届いた。

「はじめまして! 新人のRENAです。今回、初めてグラビア撮影に挑戦してのですが、先輩9人に私ひとりだけ新人で、スタジオへ向かう大型バスでは本当に緊張が止まらなくて(笑)。でも、ヘアメイクしているときに先輩方からの優しく声をかけてもらったりしているうちに緊張がほぐれていき、同時にワクワクが止まりませんでした。撮影はとても楽しかったし、あっという間に終わってしまったんですけど」

―CJDに入ろうと思ったきっかけは?

「もともとサイバージャパンダンサーズ(CJD)には興味があったんです。オーディションがあることも知っていたのですが、当時働いていた仕事にも集中したかったので諦めていて。そんなときにボスからインスタの投稿にいいねされて…。人前に出ることが好きだったし、人生一度きりなので後悔したくないと思い、入ることを決めました」

―最後にRENAさんを知ってもらうために自己紹介をお願いします

「5人姉弟の3番目。とにかく明るく元気でやると決めたことはやり通す性格です。新体操とダンスを習っていたので体は柔らかいほうだと思います。飲食店経営の経験もあり、若くして社会のことを学べたのでメンタルには自信があります! 寝起きの良さはピカイチで自転車を漕ぐ速さは光の速さ(笑)。中高生時代は『盛り漕ぎの神』と周りから言われていたくらい速かったです。でも、その自転車を漕いていたお陰で美脚になれたと思っています。よかったら『RENAパイン』って呼んでください」

なお、今作のデジタル写真集も8月31日に発売が決定。

Ⓒ佐藤佑一、千葉太一


<雑誌情報>

週刊FLASH

8月4日(火)発売 

特別定価510円   

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)