『ミスFLASH2021』“キラフォレ”高橋みお、魅惑のセクシープロポーションに熱視線

グラビア 公開日:2020/07/31 18
この記事を
クリップ

今年で15回めを迎える『週刊FLASH』(光文社)のグラビアオーディション 『ミスFLASH2021』の「サバイバルバトル第1弾」の投票が7月31日22:00をもって締め切られる。


11日に光文社にて50名の候補生が、思い思いの勝負ビキニでマスコミ会見に臨み、緊張した面持ちで全力アピール。13日から熱きバトルの火蓋が切って落とされ、あっという間に2週間が過ぎた。31日0時現在で4位に付けているのが、7人組アイドルユニット「煌めき☆アンフォレント」の高橋みおだ。


通称“キラフォレ”は三重発のご当地アイドル。名古屋でプレデビューし、四日市で定期公演を開始、今年でデビュー5年になる。そんな中、高橋は7期として2018年12月に加入。その前は日本コロムビアがプロデュースしたアイドルグループFlower Notesのメンバー、それ以前はAKB48グループの第1回ドラフト候補生だった。 


東海、名古屋はご当地アイドルの聖地といわれるが、近年グラビアでの成功が目立つ。『ミスマガジン2018』グランプリのdela沢口愛華、『ミスFLASH2020』の崎川みずきもイノセントリリーという名駅に常設劇場を持つ名古屋発のアイドルだ。高橋も追随できるか興味津々だ。また同グループの茉井良菜もグラビアでも活躍しており、彼女も期待されている。


161cmという恵まれた身長に、B83-W58ーH88 の均整の取れたプロポーションと、キレイなカーブを描くくびれが印象的なグラビア映えするカラダ。レースクイーン経験者にも引けを取らない、スッとした美麗な立ち姿、はっきりした顔立ちは華があり、可愛さと色気が同居した良いオンナ。話すと幼さが残る甘い声とのギャップも魅力的で、公称サイズ以上にみえるたわわな形の良い美乳に目を奪われる。


会見では「今年はグラビアも初挑戦なので、いろいろなことに挑戦していきたいと思います」とコメント。自己PRでは“エアードラム”みせた高橋。


この勢いででサバイバルバトル第1弾をクリアして、セミファイナル30名に入りそうだが、いつも締め切り直前までの攻防で順位が大きく入れ替わることも多いのが“ミスFLASH”の怖さ。ファンは最後の最後まで応援していただきたい。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)