都丸亜華梨 フレッシュビキニ、『ミスマガ』のイメージは“キラキラしている”

グラビア 公開日:2020/07/27 20
この記事を
クリップ

これまで数々の女優やモデル、グラビアアイドルを輩出してきたコンテスト『ミスマガジン2020』のベスト16のメンバーが27日発売の『ヤングマガジン』(講談社)に掲載された。グランプリの座をかけた戦いは27日より、本誌に封入されている投票専用ハガキの得票数と、ライブ配信アプリshowroomでのランキングにより行われる。


21日には『ミスマガジン2020』ベスト16メンバーの、メディア向けお披露目フォトセッションが行われたが、注目を浴びたのは、都丸紗也華の実妹、都丸亜華梨の存在だ。姉譲りのダイナマイトボディと、南国の女神的な健康的で溌溂とした雰囲気がすでに人気だが、本人はインドア派なんだそうだ。


<都丸亜華梨コメント>

―ミスマガジン2020にチャレンジしてみようと思った理由は?

自分を知ってもらえるチャンスだと思いました。私は姉(都丸紗也華)が5年先にグラビアをやっているのでどうしてもその妹としか見てもらえないことが多く、ミスマガでグランプリを取ったら、妹としてでなく、私個人として見てもらえると思い応募しました!あとヤンマガの表紙にのっている女の子の笑顔がキラキラで憧れていたのも応募したきっかけです。


―ミスマガのイメージは?

世の男性の青春って感じ!フレッシュで笑顔が可愛くてキラキラしているイメージです!


―将来の夢は?

女優です。グラビアをやりつつも自然なお芝居ができる憧れの池田エライザさんのような女優になりたいです。


―ベスト16の撮影はいかがでしたでしょうか?

最初は緊張しましたが、カメラマンやスタッフさんがあたたかかったのもあり楽しく撮影できました!腰のラインを褒めてもらえたのが嬉しかったです。


―先日の記者会見はいかがでしたか?

今までにないくらいの緊張で正直、記憶が飛んじゃってます。今思うともっと落ち着いた堂々とできていたらと反省してます。


―ファンの方にメッセージを!

絶対にグランプリ取るという気持ちで精一杯頑張っていきます!showroomにも気軽に遊びに来てください!応援よろしくお願い致します!


©ミスマガジン

©LUCKMAN、佐藤佑一/ヤングマガジン

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)