仮面女子 美音咲月「誘惑シーンは何回やっても恥ずかしい」

グラビア 公開日:2020/07/26 11
この記事を
クリップ

2015年に仮面女子候補生WESTとしてアイドル活動を開始。2017年に正規メンバーに昇格とともに5人組ユニット「イースターガールズ」を結成。現在は東京の仮面女子「スチームガールズ」に在籍して、劇場を中心にしたアイドル活動の傍ら、グラビアでも活躍中の美音咲月が、5枚目となるDVD&Blu-ray『#咲月とお受験勉強』(ラインコミュニケーションズ)をリリース。発売を記念したイベントが、秋葉原のソフマップで行われた。


2月にサイパンで撮影した今作は家庭教師に扮した美音が、受験生の生徒に勉強を教えたり、イチャラブするストーリーになっている。シーンについて聞いてみると「エクササイズをしているところはいいですよ。生徒と一緒にやるんですよ。お勉強だけじゃだめだと思ったので、一緒に身体を動かしてみました」と勧め、さらに「生徒と海でひたすら遊ぶシーンもありまして、とにかくキレイなんですよ。はしゃいで楽しかったです」と喜んだ。セクシーなシーンについては、「やっぱり夜のシーンですね。黒いセクシーな水着を着ていまして、ここでは「ダメですよ」と言いながら生徒を誘惑しています。こういうシーンは何回やっても恥ずかしいですね」とはにかんだ。


昨年7月に関西から東京に活動の拠点を移し、仮面女子「スチームガールズ」としての活動をスタートしたが、「1年経っても慣れないこともありますけど、活動しやすい環境でもあるので、すごく自分にプラスになっていると思います」と語った。新型コロナウイルス感染拡大による非常事態宣言下で自粛生活も続いたが、「劇場公演がずっとやれませんでしたけど、感染予防をしつつお客さんも半分以下の人数ですけど、ようやく7月に入ってから公演は再開することができました。仮面女子というアイドルである以上はライブが基本なので、ライブができることはありがたいことだと思います」と語った。再びステージに立ったときの気持ちを聞いてみると「楽しいうれしいという気持ちが勝ったのと、待っていた期間も長かったので、この状況でもステージに立てたことは本当にありがたかったと感じました」と、普通じゃなかった今までの日常を思い、現況に感激していた。




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 40件)