30歳になった大川成美がエロい、匂い立つ大人の色香にドキドキ

グラビア 公開日:2020/07/29 63
この記事を
クリップ

2019年『第1回ミス週刊実話』グランプリを獲得。ソフトボールで鍛えた85cm Eカップボディとむっちり美尻で人気を博す大川成美。今年1月以来、5か月ぶりの新作DVD『ひとりじめ』(スパイスビジュアル)を先月発売した。


30歳になり初のグラビアDVD撮影ということで、これまで以上により大人のエロス漂う作品となった。車内では白シャツに黒タイトスカート姿から。ストッキングで悩殺しながらラメの藍色ビキニでしっとりとした表情を見せると、岩場では露出度満点のV字水着を纏い、コットンで汗ばむカラダをくまなく拭いていく。うなじ、もも、そして水着の下を這わせてエッチな指使いに釘付けに。エメラルドブルーの眼帯ビキニを着て、ジーンズを履くが、大川のむちむちヒップがつっかえてなかなか入らない。タイトなジーンズにねじ込んだ美尻はパンパンだ。


漁船の陰でコートを羽織っての飴舐めは淫靡な雰囲気が堪らない。それを脱ぐと超ハイレグというよりは、T字に切れ込んだ朱色の競泳水着を着ている。露出狂チックな大胆なシーンに、今までとは違う成長したエロスを感じずにはいられない。淡いピンクのスケスケ衣装ではマッサージを。大胆不敵なM字開脚やおしりを突き出したポーズがキレイでそしてドエロい。和室での浴衣シーンでは、憂いを持った目でこちらを見つめながら、はらりと浴衣を肌蹴ると、細かい花柄の極細紐パンをチラ見せし、上は何も付けず手ブラで悩殺する、最もヌーディーなシーンにドキドキが止まらない。


健康的な明るいイメージは影を潜め、大人の色香とエロスを前面に出した意欲作。さらに磨きがかかった大川の美しさから目が離せない。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)

関連タグ