再現VTRがバズった 絃花みき、フィギュア体系造形美でグラビア界に進出

グラビア 公開日:2020/07/22 247
この記事を
クリップ

清楚な佇まいからは想像もつかないフィギュア体型の造形美を持つ絃花みきは、今年デビューの新人グラドル。


上からB87・W58・H88(cm)というスリーサイズの数値が物語るように、肢体の素晴らしさはすでにトップグラドル級だ。普段は栄養士だという彼女だが、昨年2月にはテレビ朝日系『100まで生きるつもりです』の正しい入浴方法の再現VTRにも出演。タオルで隠すも溢れんばかりのバストの大きさにネットなどで大フィーバーを巻き起こした。その彼女が満を持して1stDVD『清楚なお姉さんのグラマラスボディ』(竹書房)をリリース。グラビア界にまた一人、新たな逸材が出現した。


前述した通り、モデルとして地上波にも出演したことがある絃花だが、本格的なグラビア作品は今作が初めて。映像を見る限り、顔良し、スタイル良し、性格も良さそうで、久し振りに登場した正統派グラドルの趣でもある。特筆すべき点は、スタイルが抜群だということ。フィギュア体型の造形美はまるで二次元クラスで、細いのにバストが大きいというのは理想的なスタイル。男性はもちろんのこと、女性の誰もが憧れることだろう。


気になる作品の方だが、これまた素晴らしすぎる映像の数々だ。冒頭の朝のシーンで幕を開けるが、短パンに丈の短いジャージから下乳と深い谷間が"こんにちは"。その姿で彼氏と思われる男性を起こすのだが、あまりの魅惑的な姿に一発で目が覚めるだろう。シーンはさらに続いて下着風水着姿となり、マッサージのシーンへと突入。「胸ばっかりなんだけど」と絃花が発するが、それだけバストが見事過ぎるのだ。ちなみに同シーン、果敢にも手ブラを披露している。


お次はシャワールームへと撮影場所を移動。水をも弾く絃花の肢体が、キラリと光る。水着はバストの形が分かるチューブトップ水着を着用。谷間や下乳が露わになるなど、バストマニアにはたまらない映像が続く。ビーチのシーンでは黄色の三角ビキニ姿で登場。砂浜を楽しげに走って爽やかな笑顔を見せるなど、グラビアの王道的シーンだ。車内ではセクシーなキャンディー舐めにもチャレンジ。その続きは室内へと持ち越され、新人とは思えないセクシーな仕草を見せて視聴者を誘惑する。見事なバストばかりに目が行きがちだが、トータルバランスでもトップクラス。次回作ではどんな姿を披露してくれるのか、今から待ち遠しい限りだ。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)

関連タグ