瀬山しろ 初水着「私にしたら全部エロいです」94cmたわわ美巨乳のイツザイ

グラビア 公開日:2020/07/19 12
この記事を
クリップ

以前から仲が良いという、人気コスプレイヤーの九条ねぎが目標、コスプレなどの撮影会モデルとして活動していた瀬山しろ。今まで水着はおろか、谷間さえ見せたことがなかった彼女が一念発起してグラビアに挑戦したデビューイメージDVD『初恋』(イーネット・フロンティア・6月24日発売)が、予約段階でAmazon、DMMのDVDランキングで軒並み1位となった。


初お披露目となったボディは、166cmという高身長と、94cmという形も柔らかさも至宝のたわわすぎるバストに思わずドッキリ。初めて明らかになる美巨乳の深い谷間はもちろん、なんと下乳も横乳も一気に解禁という大胆さ。色白と清楚な魅力でグラビアファンを虜にしたのも頷ける容姿だ。


2020年上半期新人DVDではトップの売上を記録し、瞬く間にグラビア界の中心に舞い降りた女神が18日、秋葉原・ソフマップで人生初の発売記念イベントを開催、参加チケットは即完売となった。イベント前に行われた囲み取材も初体験。「DVDの撮影以外で、人前で水着を着るの始めてなんです」と、緊張した面持ちで登壇した瀬山は、白ビキニにレースカーディガンを纏い、上品な振る舞いと、明るい笑顔、大きな瞳が麗しい美人だ。この水着は本来取材用で、イベントには私服のワンピースで出ようと思っていたらしいが、水着で出ることを宣言。「イベントで水着を着るって公開していないので、今まで私のことを知ってくださっているファンの皆さんはびっくりすると思います」と、感謝の意も込めての水着決断に、販売会社担当者も驚いていた。


初めての自分のDVDを手に取り「綺麗に撮っていただいて、新たな境地を開けたかなと思います」と、少しほっとした表情をみせた。「普段は露出のある衣装を着ないので、撮っている時に水着を着ているということが意識できなくて、逆に堂々としているように見られていたそうなんですけど、慣れてなさ過ぎて、露出していることを忘れている行動を取ってしまいました」と、振り返った。


記念すべきデビュー作から人妻役を熱演、夫婦関係が上手く行っていない瀬山が主人を送り出した後、初恋の相手が訪問するという、何やら禁断の設定。「演技をやったことがなかったので、最初のセリフが“大根”です(笑)。ニットから水色の下着へ展開して、そこからお風呂に入ったりします。あと初恋相手のおうちに“来ちゃった”って遊びに行ったりもして、甘酸っぱい感じになりますね」と説明。


水着撮影自体が初めてだったため「私にしたら全部エロいです」と照れる瀬山に、敢えてその中でも一番を聞いてみると「ジャケットの水着が過激でした。でもすごく気に入っていて、露出はあるんですけどカッコいい感じの水着だったので。衣装的にはこれが一番気に入っています」と絞り出してくれた。デビュー作の出来は辛めの80点「今後の期待も込めました」と笑顔を見せた。


「今まで全然考えていなかった世界を急に開いてもらった感じで、まだ具体的な目標はこれから見つけていきたいと思います」と初々しく語った瀬山。彗星の如く現れ、デビューわずか1か月でグラビア界の期待を背負うことになったが、彼女のグラビアとしてのポテンシャルは相当なもの。下半期最もチェックすべきイツザイではないだろうか。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 64件)