阿久津真央、スレンダーGカップ“まおまお”のメリハリボディさらに磨き

グラビア 公開日:2020/07/15 29
この記事を
クリップ

“まおまお”の愛称で親しまれている阿久津真央。明るい笑顔と神対応でファンからの信頼は厚く、2018年には『2017日本レースクイーン大賞』でグランプリを獲得して文字通りトップレースクイーンにまで上り詰めた。同年からグラビア界にも進出。162cmの身長にB86・W58・H84(cm)という均整の取れたプロポーションと豊満なGカップのバストを水着姿で露わにし、グラドルファンを歓喜させたのも記憶に新しい。その彼女が最新DVD『独り占めするよ?』(エスデジタル)をリリース。前作から約半年振りとなるが、レースクイーン時代から注目されたスタイルはさらに凄味を増している。


ウエストが細いのにバストはGカップ。キラ星の如くいるグラドルの中でも、そのスタイルは理想的だ。砂浜のシーンから幕を開ける今作だが、衣服を脱ぎ捨ててビキニ水着姿になるとGカップのバストが”こんにちは”。ビーチを笑顔で駆け抜けるも、走る度にGカップのバストが揺れまくる。着用した水着はビキニで露出度も高め。メリハリの効いた凹凸ボディを存分に楽しめる水着だ。彼女の代名詞でもある笑顔ももちろん収録している。部屋に戻るとベッドの上でリラックスタイム。水着ではないものの、タンクトップという際どい衣装でGカップのバストが無防備状態となる。カメラが四つん這いの状態の彼女に急接近。見えそうで見えないギリギリ感を演出している。


野外ではカラフルな三角ビキニを着用。体操をした後、バドミントンに興じるが、揺れまくるバストはもちろん、張りのありそうなお尻など見どころが多い。日本家屋ではナースルックに様変わり。ナース服がはだけてバストの谷間を見せるなどサービスショットも。シーンはさらに続き、下着風水着姿となってマッサージのシーンへと突入する。


コスプレはナース服だけでなく、今回は制服姿にもチャレンジ。現在26歳の阿久津にとってコスプレ感は否めないが、制服を着て笑顔を振りまくと現役女子高生に見間違えるほど自然だ。ただし、後半になると制服を脱ぎ捨てて下着風水着姿でセクシーショット。そのギャップがたまらない。この辺りから26歳の大人の色気が全開となっていく。


プールのシーンを挟んでお風呂のシーンでは大人の表情でカメラを凝視。余裕を感じさせる大人の表情が何とも色っぽい。艷やかな表情はもちろん、水着も眼帯系ビキニと露出度が高く、阿久津が自慢の凹凸ボディをたっぷりと見せつけている。同シーン以降は今作の中でもセクシーさが際立っており、笑顔が代名詞の阿久津からは想像もできない大人の色気を放出して視聴者を惑わす。元々定評のあったキュートさにセクシーさが加わり、まさに無双状態の阿久津。次回作以降にも要注目だ。


阿久津のDVD発売記念イベントは7月19日(日)、ソフマップAKIBA①号店 サブカル・モバイル館 6Fで開催の予定だが、新型コロナウイルスの状況如何では、イベント内容が変更になる場合があるので、直前のチェックをお忘れなく。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 11件)

関連タグ