葉月つばさ、制服のリボン残した白水着がえちえち「方言で抵抗しています」

グラビア 公開日:2020/07/04 16
この記事を
クリップ

グラビアのみならず会社経営をする社長グラドルとしても注目の葉月つばさが、7枚目となるDVD&Blu-ray『方言Girl~わった好き♥~』(ラインコミュニケーションズ)をリリース。発売を記念したイベントが、秋葉原・ソフマップサブカルモバイル館で行われた。


昨年12月に北海道で撮影された今作。「今回はタイトルにもあるように方言で話しをしているんですよ。私は青森出身なんですけど、方言で話してみたらまったく通じなかったんですよ。青森って方言がふたつあって、通じる方の方言で話してみました」と話した。内容については、「高校生の葉月つばさちゃんが好きな男の子と付き合っているんですよ。あるときに私がグラビアでDVDを出したいと言い出して、それが売れて、実家にもどって付き合うというお話しです」と説明。シーンについて聞いてみると「競泳水着がすごいんです。かなり食い込んでいてY字になっているエロい競泳水着を着ています。こんな格好でDVDの面接を受けるんですよ。実際はこんな格好で面接なんて受けるわけないじゃないですけどね。ツッコミどころ満載のシーンになっています」と紹介した。


続けて「可愛いシーンもあるんですよ。オーディションに受かって彼氏に報告しにいくところがあって、ここで普段は絶対に着ないちゃんちゃんこを着ています。しかも中は裸なんですよ。セクシーでもあり田舎っぽさも出ていて、みんなに似合っているって言われました」とコメントした。オススメのシーンは、「制服を着たんですよ。制服は一瞬ですぐ脱いでしまっているので、制服の印象はあまりないかもしれませんけど、脱いで白い水着姿になるんですけど、首に制服のリボンを残してなごりを出しています。このときは男の子にちょっかいを出されていて、なまりを出しながら抵抗しています」と解説した。


今後やってみたい設定を聞いてみると「ヲタク同志の恋に興味あるので、そういう設定にも挑戦したいです。二次元のエロ漫画が大好きなんですよ。エロ漫画を買ったりイベントにも参加したりもしています。いま個人的に漫画を描いているので、後々に発売したいと考えています。それはエロ漫画ではなくノーマルの恋の漫画です」と語った。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 38件)

関連タグ