『ミスヤングチャンピオン2020』決勝進出者お披露目、むっちり美バストのアイドルが1位通過

グラビア 公開日:2020/07/04 14
この記事を
クリップ

4月より開催されていた、秋田書店発行3誌合同によるグラビアミスコンテスト『第11回 ミスヤングチャンピオン2020』の決勝進出者20名が決定し、都内でお披露目会見が開催された。


史上初の敗者復活戦も行われるなど、激戦となった2020年大会の決勝進出者はエントリーナンバー順に、香月わかな、川原みなみ、久遠彩桜紗、サーシャ菜美、椎葉ゆき、白藤有華、杉本実優、瀬戸ローズ、竹花有紗、田中はな、塚田ありさ、戸奈あゆみ、なるみれい、羽沢葵、細元優希乃、宮瀬綾、柳川みあ、山腰美月、蓬田結梨杏ヲヲタリンリンの20名。(会見には久遠、杉本、瀬戸、塚田、蓬田は欠席)


各々思い思いのビキニで存分にアピールした。総合1位通過となった柳川みあは、アイドルグループGlitter Pieceのピンク担当としても活動中。担当カラーと同じピンクのビキニで登場した柳川はバストもご立派「グラビア活動もDVDや、雑誌にも出させていただいたり、ちょこちょこしているんですけれども、今年からはたくさんたくさん頑張って行こうと思っています。予選1位で通過させていただいたので、グランプリ絶対獲りたいと思います。はい!がんばります♡」と萌えきゅんフェイスでアピール。逃げ切りを図る。


予選2位通過は現役レースクイーンの香月わかな。「今年でレースクイーンは4年目になります。グラビアは初挑戦です。実は投票のミスコンは2回目で、フォロワー0人の状態で惨敗でした。5年時が経っていま私にはたくさんの仲間がいます。リベンジをしたいと思っていて、今回は仲間と一緒にグランプリを獲りたいと思います。レースクイーンのお仕事でミスヤンチャンの撮影会を2回出られなかったのですが、コロナの影響でレースが無観客となり行けなくなりました。悲しいことですけど、その巡りあわせをチャンスと捉えて、ミスヤンチャンで必ずグランプリを獲りたいと思います」とアツく語った。


今年1月からグラビア活動を開始したロシアのクオーター美人、サーシャ菜美は敗者復活戦1位通過者。前半戦ではバナナの早食いギネス記録や、わんこそばの早食いギネス記録に挑戦し、ケーキ1ホール食べなど、体を張った動画を配信した。「ファイナルでも応援してくれるみなさんにために面白い企画で、ファンの方を増やしていきたいと思います」と、敗者復活からのグランプリ戴冠に燃えている。


今後彼女たちは、誌面&モバイル、サイト投票、SHOWROOM、マシェバラ、撮影会、SNSシェア、審査員投票で競い、グランプリ決定イベントに進めるのはわずか8名となる。熾烈な戦いはまだ続く。これからますます目が離せななくなっていく。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 36件)