Hカップむっちむちボディ紺野栞、生徒のエッチな妄想に精一杯応える

グラビア 公開日:2020/06/29 22
この記事を
クリップ

105cmに成長したHカップバストと極上のムッチリボディ、うるうるな瞳が魅力的な紺野栞が、13枚目となるDVD『S-BODY』(エスデジタル)を先月リリース。今月から徐々に復活している秋葉原・ソフマップでのイベントに臨んだ。


トロピカルな三角ビキニで登壇した紺野。相変わらずのむちむち感と、ショートボブの組み合わせが可愛い。今日は大きめのイヤリングもポイントが高い。


今年の初めに沖縄で撮影さ入れた今作は、紺野史上初の保健室の先生という設定。「診てもらいに来た生徒の妄想が膨らんでいくんです。ビーチで遊んだりとか、白衣を脱いでセクシーな赤いハーフカップのランジェリー風水着を見せたり、お風呂で洗い合いっこしたりとかがあります」と、聞いているこちらも思わず妄想を掻き立てる内容だ。そんななかでも一番妄想が暴走しているシーンに古民家での場面を選択。「生徒の妄想で私が若妻になっていて、おにぎりやお味噌汁を作って、“あーん♡お米ついてるよー”とか言っていちゃいちゃしているシーンが暴走してると思います」とにっこり。えっちな妄想については「私がいつも苦手と言っているくすぐりがあります。和室によくある低い机に横になってマッサージされています」と紹介。また紺野の困惑した姿が見られるようだ。


今回DVDジャケットには「B105」と表記されており、今までの公称100cmからサイズアップしたのかと聞かれると、「良かれと思ってキリの良い100cmって言っていたんですが…実はもともと105cmあるんです…」と告白。自粛中にもさらに大きくなったのか興味が沸くところだが、「ふくよかにはなりましたけど(笑)、サイズ的には変わってないです。体重もキモチ…戻せる程度ですね(笑)」と、むっちり感アップを恥ずかしそうにアピールした。


現在個人YouTubeチャンネル「紺野エスカルゴ」と、紺野、小島みゆ、うさまりあ、大塚びる、阿久津真央と結成した「あんらぶ気分」のチャンネルも好調な彼女。6月29日にはあの「エガちゃんねる」に出演が決まった。紺野は過去「ブリーフ団の胸が大きくなったら江頭は気づく?」というドッキリ企画に登場。「嬉しかったですねー」と笑顔で振り返ったが、今回も楽しみだ。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 49件)

関連タグ