萌えボイスのスレンダーボディ花宮すずか、可愛い顔して過激さ爆走

グラビア 公開日:2020/06/27 30
この記事を
クリップ

162cm、上からB80-W62-H88 のスレンダーボディ。鼻筋の通った正統派美人で、エッチなことにも前向きな萌えボイスが武器の新星、花宮すずか。


今年1月からグラビアアイドルとしての活動を開始、なんと以前勤めていた会社が倒産して職を失い、たまたま遊びに来ていた原宿でスカウトされたというラッキーガール。「年齢的も26歳なのでギリギリかなと。せっかく挑戦するチャンスを頂いたのでやってみよう」と決心してこの世界に足を踏み入れた。その気合の表れなのか、初めての囲み取材に選んだのは、マイクロ眼帯ビキニ。おしりの割れ目もぎりぎりの過激な水着に取材陣もドギマギ。「デビューでこんな攻めた水着の子はいない」と驚かれたが、本人は「初めて取材していただくから、本編で来た水着がいいかなと。ほかのやつは普通かなーと思って。ふふ」とあっけらかん。


6月18日に発売されたばかりのデビューDVDのタイトルも『Hスケッチワンタッチ』(ギルド)と、オールドファンにはお馴染みのフレーズで攻めモード。今年の元日に韓国で撮影した今作は社内恋愛しているカップルが、社員旅行先でいちゃいちゃしまくるというストーリー。本人も言葉を選ぶのに苦労するほど、過激な描写をファーストDVDでいきなりこなしているが、「アイス食べてるときにカメラが近かったので恥ずかしかったです」と初々しい感想も。


声のイメージ通りアニメ好きでゲーマーという花宮。以前の会社はeスポーツ関連で、彼女は選手のマネージャーと営業だったという。「ゲームショウとかにも招待されて行っていたのですが、そんなイベントやeスポーツの大会にお呼ばれしたいなというのが夢です」とほほ笑む花宮。グラビア界の厳しい海原を渡る、長いゲームは始まったばかり。どんな風に成長して行くか見守っていきたい。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 43件)

関連タグ