田中みな実 “女性らしいからだ”にドキッ、強烈に響く100の答えとは

グラビア 公開日:2020/06/23 12
この記事を
クリップ

アラサー女性向けファッション誌『GINGER』2020年7・8月合併号(幻冬舎)が、6月23日に全国発売された。表紙は田中みな実。“女性らしいからだ”そして“しっとり毛穴レス肌”が、女性たちからの羨望と圧倒的な支持を集めている田中みな実。彼女がひと言“愛用している”といえば店頭から商品が消えるほど、そのリアルなコメントには絶大な信頼が寄せられ、常に注目が集まっている。

100の質問に対して「空腹になる時間を作る」「ネガティブな要素にも目を向ける」「勝負下着は男性のためにあるものじゃない。自分のために身につけるもの」といった、読者に強烈に響く100の答えに注目。20代からの体型の変化、筋トレとの出合い、太らない食事法、そしてメンタルケア…。「心とからだはつながっている」と語る、“みな実流・読むボディケア”を、写真集以来初の水着そしてランジェリー姿とともに掲載。


さらに彼女の心の内側が毎月綴られている連載エッセイ“ここだけ話”のスペシャル版を、36ページの別冊付録にしてお届けする。今回のコロナ禍のなか、彼女が感じたこと、これからをどう生きる…。同世代の女性なら誰もが共感するメッセージは必読だ。50カット近い撮り下ろしの透明感あふれるビジュアルには、彼女の喜怒哀楽すべてが収められていて、まさに永久保存版確定となっている。


▼関連



特集の「LOVE MY BODY~The♡からだフェチ」では、サイズやシルエットに一喜一憂するのではなく、今の自分をポジティブに受け入れ、いたわり、自分の心とからだに向きあっていこう!をテーマにさまざまな企画を掲載。女が惚れる女のからだの代表として、圧倒的な美ボディを持つ長谷川京子、唯一無二の佇まいのマギー、そして“色香”と“母性”をまとった高岡早紀が登場。大胆な衣装に身を包んでカメラの前に立った圧巻のビジュアルは、彼女たちの心とからだが浮き彫りに。「バストアップで自信がついた」と語る鈴木奈々は、限界ギリギリの胸元見せと美乳育成法を初公開。グラビアで活躍中の小倉優香の撮影直前ルーティーンにも密着。また、ダンスで培った肉体美を持つ大貫勇輔のしなやかな肢体には誰もが目を奪われるはず。

さらにデビュー直後から彼らを追い続け、6月号でも大反響だった“Snow Man”インタビューの後編も。個人&2人組になってのクロストークで、前号から続く「222の質問」に対する彼らのアンサーを一挙に公開。そして特別にメンバー同士で撮影しあった撮影中カットも掲載されている。普段なかなか見られない、心を許した相手に見せる素顔とポーズはお宝ものだ。

その他、初のフォトエッセイ『SINCERE(シンシア)』が早くも話題の、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの川村壱馬も登場。直撃インタビューの他、GINGER独占掲載のオフショットも収められている。


■『GINGER』2020年7・8月合併号

6月23日(火)発売
価格:特別定価880円(税込)
発行:株式会社幻冬舎

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)