牧野澪菜、元気いっぱいミニマムグラマーの可愛さにハマる

グラビア 公開日:2020/06/24 31
この記事を
クリップ

昨夏発売された『週刊プレイボーイ』で初グラビアを飾り、144cmながらもバストはDカップを装備したミニマムグラマー牧野澪菜の3rdDVD『れいなは一生懸命!!』(ラインコミュニケーションズ)が6月20日に発売された。



タイでロケを敢行した今作は、新米ミニスカナース「れいな」が大奮闘するストーリー。「今日から担当する牧野です。よろしくお願いします!」と笑顔で挨拶、自分の担当ナースがこんな可愛かったらと頬も緩む。マッサージもしっかりと懸命さが伝わる元気な印象。そんな牧野がピンクのナース服のジッパーを下ろすと、男のロマンともいうべき純白のランジェリー姿に心躍る。南国の青空の下、胸元やお腹全開の変形スクール水着で準備体操からの浮き輪を使って泳ぐようすや、明るい太陽に眩しい顔をしながら“うーん”と伸びをすれば、スレンダーなスタイルが陽光に映えて美しい。さらに屋外でバトミントンやバランスボールでの運動シーンもハツラツとして、観ているこちらも楽しくなる。


ゆるゆるもこもこの部屋着でアイスを舐めたり、上目遣いで自分のバストを強調したりする仕草も実にキュート。海と同じエメラルドグリーンのビキニで、サンダルを砂浜に投げて「早くあそぼ!」と誘う笑顔、四つん這いになって水着を直す“パチン”という音さえも愛おしい。背が届かなくてぴょんぴょん跳ねながら、おしりふりふりしての洗車シーンも“ぐうかわ”。アメスク風の超ミニチェック柄スカートからは可愛いパンツがこんにちはしてもお構いなしにはしゃぎ、シャワーシーンではTシャツから透ける極小眼帯ビキニと泡のコントラストがえちえちな牧野だが、夜ベッドではさらにしっとりと、透け透けレース衣装で氷プレイも見せてくれる。


ミニマムボディと高い顔面偏差値は特筆もの。ちっちゃなカラダで元気いっぱい、時にはセクシーに癒やしてくれる天使の虜になること間違いなしだ。

<★★詳しくはアイドルワンホームページ☆クリック★★>

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 12件)

関連タグ