高身長童顔Fカップ 里屋舞美、恍惚の表情と激しい息遣いに昂奮

グラビア 公開日:2020/06/23 81
この記事を
クリップ

2019年11月リリースの1stDVD『初花』でグラビアデビューを果たした里屋舞美。


168cmの高身長に上からB89・W60・H90(cm)というモデル顔負けのスタイルに加え、ひときわ目立つ豊満なFカップのバストでグラドルファンの視線を釘付けにした。その彼女が早くも2枚目のDVD『もっと…見たいですか?』(エスデジタル)をリリース。グラビア撮影の緊張感も取れて余裕が出たのか、グラドルファンを大いに満足させる作品に仕上がっている。


現在21歳の里屋。童顔のためか現役女子高生に見間違うほどの清純な雰囲気を漂わせている。1stDVDでは、その初々しさが上手く表現されていたが、清純さに似つかわしくない魅惑的な女体を露わにしてグラドルファンを大いに驚かせた。今作は制服姿を収録するなど相変わらずのキュートさを保ちつつ、前作以上に過激なシーンにも果敢にチャレンジしている。その一例が赤い下着風水着を着用したベッドのシーンだ。四つん這いになったり自ら開脚のポーズを取って腰を浮かせるなど挑発的なポーズを大胆にも披露。


シーンが進むにつれて過激さも増大し、セクシーなキャンディー舐めに興奮度もリミッター越えだ。昼ベッドは前半キュートさを意識しつつも、水着をズラすなどサービスカットも。さらにその水着を脱ぎ捨てて自らバストを揉んで吐息を漏らすなど、もはやグラビアDVDの域を超えている。お風呂のシーンもかなりの過激さだ。こちらは泡まみれとなって泡ブラを披露するなど、ヌーディー感が満載。


眼帯ビキニを着用したマッサージのシーンでは全身ローションまみれとなり、あまりの気持ち良さに息遣いも激しさを増す。クライマックスは夜ベッド。マッサージ機を当てられて思わず恍惚の表情に。さらに拘束された両手を解放されると、撹乱モードへと突入していく。その内容は、もはやグラビアDVDではない。弱冠21歳で過激なシーンを惜しみなく披露した里屋。その大胆さに拍手を送りたい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 11件)

関連タグ