規格外のむっちむちボディ 紺野栞、100cm Hカップさらに進化

グラビア 公開日:2020/06/16 62
この記事を
クリップ

2015年5月リリースの1stDVD『ミルキー・グラマー』からグラビア界で大活躍の紺野栞。


デビュー当時は90cmのFカップだったバストも現在は105cmのHカップにまで成長し、肉感的ムチムチボディで大人気だ。圧倒的なスタイルでグラビア界を賑わせている一方で、最近はYou Tubeで開設した自らのチャンネル「紺野エスカルゴ」での活躍も目立つ。その彼女が通算13枚目となるDVD&Blu-ray『S-BODY』(エスデジタル)をリリース。意外にも今年初めてのグラビア作品となる。


発売してからAmazonのアイドルDVDランキング1位を獲得した今作。撮影地の沖縄で、パワーアップしたグラマラスボディを惜しみなく披露している。まずはビーチで砂遊び。黒の三角ビキニから成長したHカップのバストが縦横無尽に揺れまくる。部屋に戻ればベッドで誘惑のポーズだ。ピンクのカーティガンを羽織るも、胸元はザックリと開けるなどチラリズムが全開に。もじもじしながらキャンディー舐めを披露するなど、これから展開されるセクシーなシーンの幕開けを予想させる。


続く洗車のシーンでは元気に身体を動かして明るい表情を見せるも、車内に場所を移すと肉感的な紺野のボディをカメラが急接近。バストの揺れはもちろんだが、その映像は圧倒的だ。そしてメガネを掛けて先生をイメージしたチャプターでは、赤い水着姿となってセクシーな女性をアピール。聴診器をバストに当てられるなど、そのシチュエーションに興奮を誘う。運動を終えて浴びるシャワーのシーンも必見だ。セクシーな目線をカメラに向けてシャワーを浴びる仕草が実に色っぽい。


そして最後を飾るのは夜ベッド。紫のランジェリーが気分を高揚させたのか、今作一番のセクシーなシーンを大胆にも披露している。ランジェリーを脱げばバストのトップだけを隠した極小のマイクロビキニ姿に。後半には水着の紐を解くなどこれまでにないセクシーさで、興奮しない者などいないだろう。リリースする度に加速させるセクシーさに加え、自慢のバストとグラマラスボディも進化し続ける紺野。さすがにトップグラドルと呼ばれる所以だ。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ