“早くもお宝映像”のウワサ、西本ヒカルの健康美にクラクラ

グラビア 公開日:2020/06/06 104
この記事を
クリップ

芸能人を養成するナベプロカレッジを首席で卒業し、以降は新人ながらも舞台やCMなどに出演して業界関係者からも注目を集めている西本ヒカル


本人曰く、国民的女優を目指しているそうで、日夜技術を磨いているという彼女初のグラビアイメージDVD『初めてのグラビア』(竹書房)をリリース。今後は女優業を視野に入れているだけに、本作はお宝映像になるかもしれない。


ポテンシャルはトップグラドルにも比肩する。160cmの身長にスリーサイズは上からB87・W63・H84(cm)と抜群のプロポーション。それもそのはず、学生時代はバレーボールを10年間、剣道は初段という腕並で、スポーツで鍛え抜いたボディは一朝一夕で作り上げたものではない。着衣でも分かるスタイルの良さは、水着姿になるとさらに見栄えし、圧倒的なスタイルで見る者を驚嘆させる。バストも意外にふくよかだ。公式サイズは発表されていないものの、その膨らみからFカップ以上か。ビーチでは黄色いビキニ水着を着用し、動く度にユサユサとバストが揺れまくる。ベッドでのマッサージのシーンでも着衣から谷間をチラ見せするなどバストは無防備状態だ。


シーンとしては車内やバスルームのシーンなどをオススメしたい。車内ではカメラが急接近して西本に肉薄すれば、バスルームではカメラが上からカメラ目線の西本と胸の谷間にズームイン。眩しすぎる笑顔で視聴者との距離感をグッと縮めている。セクシーさを堪能したいなら最後に登場するメガネをかけたシーンだ。ノースリーブのピタッとしたセーターとミニスカの状態から下着風水着へと展開。メガネを外してセクシーな女性にスイッチを入れるなど、オンオフの表情を楽しむことができる。


さすがにナベプロカレッジを首席で卒業した逸材だ。カメラを向けても緊張した様子を一切見せず、新人なら一辺倒になりがちな表情もバラエティに富むなどプロ意識の高さは相当なもの。自身は女優を目指しているとのことだが、しばらくはグラビアで彼女の姿を見守りたい。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 12件)

関連タグ