芹沢まりな、豊満Fカップ&ぷりぷり美尻でセクシーオーラ全開

グラビア 公開日:2020/05/13 109
この記事を
クリップ

川村那月らとともにレースクイーンユニット「ZENTsweeties2019」のメンバーとして活躍し、一躍トップレースクイーンにまで上り詰めた芹沢まりな。同ユニットを今年3月で卒業した現在は、K-1のラウンドガール「KHAOSガールズ」として活動している。その彼女が待望の1stDVD『First Stage…ここから』(イーネット・フロンティア)をリリース。サーキットやリング上などで見せた極上のボディを、水着姿となって露わにしている。


さすがにトップレースクイーンまで上り詰めた逸材だ。身長は165cmとモデル顔負けで、スリーサイズも上からB88・W60・H95(cm)とトップグラドルクラス。バストもFカップと豊満で、非の打ち所がないパーフェクトボディだ。


今作では胸の谷間が全開のチューブトップ水着や下着風水着、黄金の三角ビキニなど露出度の高い水着を着用。自慢のボディはもちろん、Fカップのバストを楽しめる構成だ。バストは胸の谷間をはじめ、横乳や下乳などを大胆に披露するなど、サービス精神も旺盛。キャミソールをイメージしたワンピース水着やシャツだけのシーンでは、限界ギリギリまで攻めている。


そんな芹沢だが、バストだけにとどまらないところがトップレースクイーンと呼ばれた所以だ。お風呂のシーンやバーでの一コマ、さらにはビーチやベッドのシーンではプリッとしたヒップも披露。お尻はもちろん、クビレた腰からヒップにかけてのラインは圧巻の一言である。


シーンとしての見どころは、マッサージのシーンと最後を締めくくるベッドのシーンだろう。マッサージのシーンでは彼氏と思われる男性の前で可愛い表情を見せながらFカップのバストを強調するなど、ラブリーな芹沢を楽しむことができる。それとは正反対に、ベッドのシーンではクールな女性を熱演。レースクイーンを意識した衣装から赤い下着風水着へと展開し、ベッドの上でセクシーな視線を向けて視聴者を惑わす表情が何とも色っぽい。すでにグラビア経験もあり、初めてのDVDとは思えないセクシーな表情を余裕たっぷりで見せた芹沢。1stDVDとは思えない完成度で、今後本格化させるであろうグラビア展開に期待が持てる出来栄えだ。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 13件)

関連タグ