『ミスFLASH2020』藤田いろは、魅力満載DVD “彼女のい・ろ・は” が分かる

グラビア 公開日:2020/05/02 32
この記事を
クリップ

『ミスFLASH2020』グランプリに輝いた藤田いろは。

オーディション序盤からトップ通過にこだわり、ファンと二人三脚で中間発表すべてを1位通過を果たし、圧倒的な強さでグランプリまで、そのすらりと伸びたカモシカのような脚で、颯爽と走り抜けた。165cmという恵まれた身長に、長い手脚、バストは84cm Dカップ、そして女性らしい腹筋とくびれたウエストは特筆ものだ。


グラビア界の革命児、“くびれスト”として52cmのウエストを誇った川崎あやを師と仰ぎ、同じ事務所に入所。自らを“すらりスト”と名乗り、川崎あやへ愛を注ぎ続けた。川崎の引退までに共演したいというアツい思いが通じ、『ミスFLASH』グランプリの先輩・後輩として、ギリギリのタイミングで念願のグラビア共演も実現させた“持っているオンナ”が、『ミスFLASH』のご褒美の一環となるソロDVD『藤田いろは ミスFLASH2020』(ラインコミュニケーションズ)を発売した。


宮古島の空の下で美しいくびれボディを惜しみなく発揮した今作。ビーチでみせた黄色のビキニ姿は、長い手脚が南国の明るい陽射しを浴びてきらめき、屈託のない笑顔とともに、爽やかな印象を与える。テニスで躍動すると「暑くなってきちゃった♡」と、ピンクのビキニになってボールを追う。さらにバランスボールに乗らずにドリブルで走り回るという藤田らしい無邪気さも可愛い。マイクロ眼帯ビキニでのシャワーシーンでは、くびれラインが艶めかしく、締まったおしりに釘付けになる。


「手伝ってて言ってるじゃん」と、青のボーダービキニにTシャツ姿で洗車のフォローをお願いするも、ホースの先は藤田のボディ。「そこ違うじゃん!」と避けるのを面白がり、水かけはさらにエスカレートし、濡れたTシャツ姿に仕向けられる。狭い車内では長い手脚が窮屈そうだが、返って彼女のスレンダーボディが強調されえっちな雰囲気。ノースリーブのミニ黒ワンピは、大人っぽくそして悩ましく、腋見せからのカメラワークに注目してほしい。


ハイレグが眩しい競泳水着でも下からのアングルで美脚が強調され、シャワールームの細い窓から差し込む陽と、室内の陰とのコントラストが、藤田のスレンダーさを際立出せて色っぽい仕上がりとなっている。また日の入り後の夕景でのスケスケ衣装は、南国ならではの自然と、放たれるエロスの調和に心奪われる。夜ベッドでのいちゃいちゃシーンでの彼女のなんとも得ない初々しい表情も見逃せない。


藤田の真骨頂、引き締まったくびれや、すらりと伸びた美脚の虜になること間違いなしだ。

<★★詳しくはアイドルワンホームページ☆クリック★★>

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 13件)

関連タグ