セクシー覚醒 及川麗、若干20歳にしてエロティズムが制御不能

グラビア 公開日:2020/05/01 116
この記事を
クリップ

2018年10月にリリースした1stDVD『ラブレイ』でグラビアデビューを果たした及川麗。


156cmの身長に上からB85・W55・H87(cm)という極上の肢体と豊満のFカップバストが魅力で、今年1月に発売した2ndDVD『イチャラブ温泉旅行』では大胆すぎるシーンにも果敢にチャレンジするなど、グラドルファンのハートをがっしりと鷲掴みにした。そんな彼女が多くのファンの要望に応えて最新DVD『心憂い君想う』(ギルド)を発売。前作以上に大人のエロティズムを披露している。


1stDVD『ラブレイ』では初めてのグラビア撮影とは思えない余裕さえ感じた及川。その片鱗が続く2ndDVD『イチャラブ温泉旅行』で一気に開花し、大胆すぎるシーンを次々と披露して男性ファンを虜にした。それを20歳の若さでやってしまったところに、及川の懐の深さを感じずにはいられない。前作で大人のエロティズムに覚醒した感のある彼女が、最新作では過激さがさらにエスカレートしている。


表紙からしてエロ過ぎるが、本編はさらにセクシーな内容だ。キャラクター設定はセクシーなOL女子。オフィスで衣装を脱がされて机の上で開脚姿になり、冒頭からエンジン全開だ。同じオフィスのシーンでは上半身裸にさせられてバックショットをスマホ撮り。仰向けになるとバストを手で隠すなど、その仕草が色っぽすぎる。


ホテルの一室では、男性2人に囲まれて羽根で悪戯されるなど過激さも増す。しかも超Y字系の過激すぎる水着を着ており、横乳も拝める優れものだ。温泉宿ではお風呂でイケないことに興じ、部屋に場所を移すと浴衣がはだけてX水着が登場。その水着をズラして手ブラ姿になるなど、まさに無双状態だ。


続いてベッドでは全裸(手ブラ)、お風呂のシーンではアイスを身体に垂らしながら舐めるなど、エロティズムは加速する。過激さは一向に止まず、女王様をイメージしたボンテージ衣装を着用したベッドルームでは、激しくキャンディーを舐めた後にローションをたっぷりと身体に塗られるなど、アンストッパブルだ。若干20歳にしてこのエロさ。しばらく及川のエロティズムは止みそうにない。


<購入はこちらから↓>

https://tokyolily.jp/products/detail.php?product_id=21109(外部サイト)

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 14件)

関連タグ