手島優 “デリヘル嬢なりきり撮”、ボンデージ姿でSもMも本格体験

グラビア 公開日:2020/03/10 24
この記事を
クリップ

3月10日(火)発売の『週刊FLASH』(光文社)では、テレビ東京系『ゴッドタン』の鉄板ネタをもとにした“デリヘル嬢”グラビアに、レジェンドグラドル手島優が挑戦した。


“デリヘル嬢”として成長する彼女に密着する大好評シリーズ第3弾は、前回の「マットプレイ」から約半年ぶり。

今回は新たな顧客獲得のため、SMの女王様になる決意を固め、血のにじむような特訓をした。撮影にあたって、国際的に活躍する女流緊縛師・芙羽忍氏に師事し、まずは自らがM役として露出や緊縛を体験。その経験を生かして立派な女王様になるというサクセスストーリーだ。

手島は「ボンデージは何度か着たことがあったので、正直お手のものだと思ってたんです。でも、忍さんから指導してもらって、所作ひとつでこんなにも違って見えるんだと驚きました。いままでのSっぽい私っていったい何だったんだろう…」と本格的な演技指導に感心しきりだった。

Ⓒ𣘺本雅司 


<雑誌情報>

週刊FLASH

3月10日(火)発売 

価格480円 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)

関連タグ