“グラドル摩天楼” 緒方咲、大胆挑発ポーズで過激さエスカレート

グラビア 公開日:2020/03/06 240
この記事を
クリップ

2016年に芸能界入りした緒方咲だが、グラビア活動を本格化させたのは2018年からと遅めの始動。とはいえ、同年4月にリリースした1stDVD『Debut!』で168cmの高身長に上からB85・W58・H82(cm)という抜群のスタイルとFカップバストを露わにし、"尻職人"の倉持由香からお墨付きをもらったのは業界内外でも有名な話だ。

以降も定期的にDVDを発表。グラドルファンのハートを鷲掴みにするなど、倉持が予見した以上の活躍を見せている。その彼女が通算8枚目となる最新DVD『恋の花が咲く』(ギルド)をリリース。自慢のスタイルとセクシーさをさらに進化させるなど、緒方の魅力が凝縮された作品となっている。




2018年に発表した1stDVD『Debut!』から攻めたグラビアに定評のあった緒方だが、今作ではセクシーさに磨きがかかった印象だ。今年でグラビア3年目を迎えた緒方。過激さをさらにエスカレートさせ、羞恥心など微塵も感じさせない姿には拍手を送りたい。演じたキャラクターは年下の男の子を積極的にリードする年上の女性役。全編で"エロいお姉さん"の緒方を堪能することができる。具体的なシーンとしては、朝食のシーンでクリームを舐め回し、王道グラビアのビーチでは自らバストを揉みしだくシーンも。

ストーリーが進むにつれて過激さも倍増し、バスルームではローションプレイが始まり、自ら手ブラを披露する大胆ポーズ。爽やかなテニスのシーンかと思いきや、車内に場所を移すと、テニスウエアを自ら脱ぎ捨てて開脚し、息を乱すなど臨場感もたっぷりだ。クライマックスとなる夜ベッドは言うに及ばず、期待以上のシーンを見せてくれる。具体的なセリフは割愛するが、随所で発する刺激的なセリフも男心をくすぐるものだ。

緒方のDVD発売記念イベントは3月8日(日)、ソフマップAKIBA①号店 サブカル・モバイル館 6Fで開催の予定だったが、6日になって新型コロナウイルスの状況を鑑みイベントの中止が発表された。振替の期日についてはあらためて発表される。

<購入はこちらから↓>
https://tokyolily.jp/products/detail.php?product_id=20377



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 13件)

関連タグ