名古屋在住 最強女子高生ハーフ美女、ド迫力グラビアを超発掘撮

グラビア 公開日:2020/02/10 25
この記事を
クリップ

『週刊プレイボーイ8号』(2月10日発売・集英社)では、名古屋に暮らす“普通じゃない”女子高生・Mayuriがグラビアデビューしている。

これを発掘と言わずして何という!まだ宣材(プロフィール写真)すらない、名古屋在住の現役女子高生(17歳)。


規格外の“カーニバルBODY”を誇る、ブラジリアンなハーフ美女が大抜擢で7ページの撮り下ろしを敢行。まだ何者でもない素人ながら、SNS(ツイッター、インスタグラム、TikTok)の総フォロワー数は16万人超。ブラジル仕込みの独特すぎるファッションやメイクが大いに注目されている。

「制服を着て歩いていると完全にコスプレだよね」と地元ではよく突っ込まれているとか。それも納得の強めのビジュアルは、伝説のグラビアアイドル、アグネス・ラムを彷彿とさせる。

今回のロケは真冬の沖縄にて。初めての撮影にも関わらず、堂々すぎる立ち振る舞いは大物の雰囲気がプンプン。サイズが小さめのブラジル水着をスタイリッシュに着こなした。

本人曰く、「場の雰囲気に合わせて表現できるのが私の強みです。とくに岩場のシーンはかっこよく、凛々しい雰囲気を出せたと思います」。このグラビアをきっかけに、夢であり目標であるファッション雑誌への登場も目指すブラジリアン女子高生をお見逃しなく。

Ⓒ笠井爾示/週刊プレイボーイ


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)

関連タグ