『ミスFLASH』史上最もミニマムボディ白宮奈々、宮古島ロケで魅力弾ける

グラビア 公開日:2020/02/04 54
この記事を
クリップ

2月4日発売の『週刊FLASH』(光文社)では、『FLASH』が主催するオーディション『ミスFLASH2020』グランプリの白宮奈々が登場し、かわいい表情や色白の美ボディを披露した。

今まで舞台『春のめざめ』『カーテンコール』、朗読劇『Greif』『Greif2』など、数多くの作品に出演してきた演技派が、オーディションで着実に人気を獲得。身長151cm、歴代でいちばん小さなグランプリが誕生した。


「体は小さいですが、元気さは誰にも負けません!皆さんの目が回ってしまうほど、いろいろなお仕事で自分を見せていきたいと思っています。宮古島でのロケは日差しが強すぎるほど天気がよくて、目を開けて写ることにちょっと苦戦しましたが、たくさんの水着と表情をぜひ楽しんでほしいです」

『ミスFLASH2020』はグランプリ発表号から、5号連続でFLASH本誌にグラビアが掲載されるが、「合計売上げ冊数が3500冊を超えたら、完全新作の写真集を発売」という企画も進行中。2月4日18時30分から、白宮奈々のソロイベントが神保町・書泉グランデで開催される。

Ⓒ岩松喜平


<雑誌情報>

週刊FLASH

2月4日(火)発売 

価格480円   

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ