清水あいり、アブない競泳水着に挑戦「お胸が飛び出しかけた」

グラビア 公開日:2020/02/03 25
この記事を
クリップ

昨年は『関西弁あいうえお』や『童貞を殺す空手家』で、多くの地上波バラエティー番組に出演、おっとりした甘い声と、形も張りも抜群のHカップを武器に活躍した清水あいり。

グラビア界No.1と誉れ高いトークスキルと、芸人顔負けのネタの完成度で、大物から若手まで様々な芸能人を虜にしてきた彼女の8枚目となる新作DVD『URECCO ~AnotherHeaven~』(マイロール)が2月1日に発売となり、翌2日には秋葉原・ソフマップにて記念イベントが開催された。




Hカップの”ぷゆぷゆ”バストがこぼれそうな黒のビキニで登場した清水は「今日は水着ではなく、わたしのカラダがポイントです♡」となにやらもじもじ。「通常より2kgくらい太ってるんですよ。いつもよりむちむちなので、ある意味貴重かも。お胸もパンパンに張ってるし…」と告白し、報道陣をどぎまぎさせた。

昨秋に千葉・館山で撮影された今作。チャプターごとに清水の素が見られる作品となっている。「撮影はとても寒い中、カーウオッシュをするシーンがあって、けっこう熱出る寸前まで体が冷え切ってたので、おいしいものも食べず、まっすぐ家に帰ってお風呂に入りました(笑)」と少々過酷なロケとなったよう。そんな作品の一番好きなシーンには“カウガール姿”を選び、「初めて着た衣装なんですけど、ちょっとオイルもてかてかな感じで、しかもカウガールの雰囲気に合うスタジオだったんですよ。セクシーで大人っぽい今の27歳の清水あいり!って感じがします」とにっこり。「あとは、胸元がぱっくり開いてる競泳水着シーンは、アブない水着だったので特にお胸が飛び出しかけました(笑)。でもお胸がキレイに撮れていておすすめです。ちょっと下乳とかも見えます」とぽろり寸前の際どい水着にも果敢に挑戦。さらにジムでのトレーニングのシーンでは「トレーニングウェアだったのですが、水着じゃないから安全かと思いきや、かなりギリギリなシーンが見られるかな?いろんなストレッチしてるんで一緒に運動できちゃいます。飛び出たかどうかは観てのお楽しみです♡」とはぐらかし、エロいシーンは?の問いには「レースの黒のランジェリーに、うさぎさんのお耳を付けてるシーンがあるんですけど、そこは超オトナなしっとりセクシーなシーンになっていると思います。“かんぱーい”ってお酒も飲んで彼氏を誘惑してます。私が誘ったらこんな感じになると思います」とはにかんだ。

新作DVDの自己採点は「98点」。「高得点なのはですね、今回特典映像にもこだわっていて、わたしのガチのハプニング映像が観られるので、けっこう面白いんじゃないかなと。わたしの本当の素をじっくり観ていただきたいなと思ってこの得点です」と声を弾ませた。

昨年のテレビでの活躍については「私的は、まだ世に出ないのに、周りからは“消えないように頑張りなさい”って言われます。“まだ出てないのに”って思って(笑)。なのでいろんなことに挑戦して前向きな姿勢で頑張りたいです」とあくまで謙虚。プライベートについても実に謙虚?で「ゼロです。ほんとになんもなさ過ぎて申し訳ないくらい。結婚願望もなくて、別に独りでもいいかなってタイプです。寂しいってかんじたこともないですし、むしろ一番嫌いです(笑)。そういうことがあると良くないと思っているので、仕事人間なんです。真面目過ぎるので、今年ははっちゃけたいな(笑)。27歳からはっちゃけるのもどうかと思うんですけど、次の取材までにネタ増やしておきます」と約束してくれた。

清水は、2月7日(金)~16日(日)東京・神保町画廊で開催の写真展『インスタグラムの恋人たち Ⅱ』に参加。7日の13時から16時まで在廊するそうなので、ぜひ足を運んでいただきたい。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 52件)

関連タグ