佐山彩香ラストグラビア、 “日本一かわいい女子高生” 変わらぬ制服姿に惜別

グラビア 公開日:2020/01/26 11
この記事を
クリップ

2010年に日本一かわいい女子高生として注目され、華々しくグラビアデビューを果たした佐山彩香。昨年はグラビア活動10周年を迎えた。

今年に入り、節目をとなる10冊目の写真集『bress you』(双葉社)も発売となった。しかしこの写真集をもってグラビアの引退すると発表があり、今作が佐山のグラビアの集大成となる写真集である。その写真集の発売イベントが、東京・ブックファースト新宿店で開催された。




日本一かわいい女子高生としてデビューした佐山は、イベントには当時を思い出させるような女子高生の制服て登場した。「女子高生でデビューしたので、最後も女子高生になって制服で締めくくろうと思いました。久しぶりに制服を着ましたけど似合いますかね?」と報道陣に問いかけた。「コスプレっぽくなっちゃてますかね。20代前半の頃はまだ制服で撮影することがありましたけど、制服を着るのは5年ぶりくらいなんですよ。さすがに25歳を過ぎると厳しいと思って着ないようにしていました。自分的にはまだいけると思っていましたけどね。おそらくこれが最後の制服姿になると思います」と話した。

撮影は昨年10月にフィリピンのセブ島で行われた。「フィリピンらしい風景で撮影をしまして、海に潜ってフリーダイビングをしたんですよ。このときは、酸素ボンベとかゴーグルとかなにも付けずに潜ったんです。何十回も潜りました。でも何時間も海の中にいたので、くらげに噛まれたりして大変でした。しかもカメラマンさんがカナヅチで泳げない人だったんですよ。でもプロ根性で必死に頑張ってくれたので、それを見て私も答えなきゃいけないと思って、集中して頑張れました」と明かした。

たくさんのカットがある中で一番のお気に入りのカットを紹介してもらうと「ビーチで撮ったカットなんですけど、フィリピンっぽい南国さが出ている元気な私を全面に出したカットになります」と紹介した。

グラビア引退を決めた理由について聞いてみると「2019年にグラビア生活10周年を迎えまして、次のステップに行くにあたって、グラビアというホームを一旦卒業したほうがいいんじゃないかなと思いまして、2018年の終わりころに、翌年で10周年を迎えるときに決意しました」と明かした。

この10年を振り返ってもらうと「10年って長いようですけど、いま振り返ると本当にあっという間でしたね。私の青春時代そのものでした。すべてをグラビアに費やした感覚です」と後悔もなく満足なグラビア生活を送っていたようだ、

今後の活動については、「芸能界を引退するわけではないので、グラビアとは違ったジャンルで、今まで応援してくださったファンのみなさんと会える機会を作っていきたいと思っています。バラエティ番組とか女優にもチャレンジしていきたいし、スポーツ関係も極めていきたいので、スポーツイベントとかにも出ていきたいです」と意気込んだ。

最後に佐山は、「この写真集は10冊目で節目の作品でラストなので、本当に思い出が詰まっていて、今まで応援してくださったみなさんに感謝の思いを込めて『bress you』というタイトルにしました。タイトルは「ありがとう」という意味もあるので、感謝の思いを込めた写真集です」とアピールした。


   

この記事の画像一覧 (全 33件)

関連タグ