Hカップ安位薫 20歳の挑戦、過激プレイ体験も「バストが苦しかった」

グラビア 公開日:2020/01/20 74
この記事を
クリップ

2018年2月の「週刊プレイボーイ」(集英社)で初の水着グラビアが掲載されて瞬く間にグラドルファンの視線を釘付けにした安位薫。

上からB92・W62・H89(cm)という豊満ボディとHカップバストが最大の魅力で、「週刊プレイボーイ」では「次世代グラドル恵体番付」で東の横綱にも選ばれている。そんな彼女が通算6枚目となる最新DVD『先生の自由にして下さい』(双葉社)をリリース。その発売記念イベントが19日、東京・秋葉原のソフマップで開催され、過去最大の極小水着を着用して訪れたファンを興奮させた。





「私がデビューしたての頃に何着か水着を通販で買ったんです。この水着はその時に買ったもので、6作目ぐらいの時に着ようかな?と思ったんです。今までのイベントで一番小さいかもしれませんね(笑)」と照れ笑いを浮かべた安位だが、あまりの極小水着で動く度に溢れそうなバストに報道陣の視線を釘付けにしていた。

最新作は、昨夏に都内で撮影されたもの。「東京のホテルや学校で撮影しました」という安位が女教師となって男性教師と恋愛を繰り広げるというストーリーだ。「高校時代に好きだった先生の学校に、自分が教師として赴任し、その先生と久し振りに会ってイチャイチャする内容になっています。高校時代と教師時代が描かれているんですが、高校時代では制服を2年ぶりに着たり、教師の時はセクシーなシーンが多くて自分でも恥ずかしかったです」と内容について紹介してくれた。

全体的にセクシーさが際立つ今回のDVD。「Y字形のハイレグ水着を着てストレッチをしました。動くと出ちゃうかも!というぐらい際どいハイレグ水着だったので撮影は大変でしたね。何が出る?恥ずかしいから言えないですよ(笑)」と顔を赤らめるも、「全体的にエッチだからどれもエッチなんですけど、今回は結構ベッドのシーンやツンツンされるシーンが多くて恥ずかしかったです」と恥じらう安位の表情が収録されているという。

特に過激なのが、表紙にもなっている「縄で縛られたシーン」だといい、「この時は先生とホテルへ行き、「先生の自由にしてください」と言って縄で縛ってもらいました。私生活でも縄で縛られるのは初めてで、思ったよりも痛いなと(笑)。プライベートではできればやりたくないですね。おっぱいのところが結構苦しかったんですよ」と痛さが勝って楽しさを感じなかったとか。「逆に男性を縛るのも、難しそうなので大丈夫です(笑)」と興味を示さなかった。

初めての緊縛にチャレンジするなど過去最大の過激なシーンにチャレンジした同DVDは、10代最後の姿を切り取った作品。そんな安位は昨年12月で20歳となり、一歩一歩大人の階段を駆け上っている。「実感はあまりないですね。10代の時とあまり変わらいです」と心境に変化はないと言うが、「一通りお酒は飲みました(笑)。やっぱり甘いお酒が好きですね。でもカロリーが高いからなるべくハイボールを飲んでいます」とグラドルらしく体重の増減が反映されやすいお酒には気をつけているという。とは言うものの、昨年よりも幾分か体重が増えたようで、「正月太りではありません。もっと前からなんですよ(笑)。甘いものとかお菓子が止まらなくて…。間食しちゃうんです(笑)」と反省の弁を口にしていた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 23件)

関連タグ